DUAL LIFE PRESS デュアルライフプレス

無理せずにできるところから田舎暮らしをしたい。 二地域居住を実現するヒントや情報をお届けします。

タグ:神奈川県

昨日、藤沢市の「グリーンハウス」で行われた
講演会に行ってきました。

講師はゴルフコースコメンテーターであり
開発コンサルタントのマサ・ニシジマ氏。

「失われた世界の名コースたち」という演目で
いまはなき「旧藤澤カントリー倶楽部」が
世界レベルのコースであったことを検証する話でした。

以下、その一部をYOUTUBEにアップしました。
全部で3編あります。

「旧藤澤カントリー倶楽部―失われた世界の名コース 1」

「グリーンハウス」は、小田急江ノ島線善行駅から
歩いて5分ほどのところにある古ぼけた洋館です。
神奈川県体育センターの敷地内にあり、
現在は食堂として利用されています。

じつはこの建物はアントニン・レーモンドによる建築で
1932年〜1943年まで存在した
「藤澤カントリー倶楽部」のクラブハウスでした。
コース設計は赤星四郎、C.H.アリソン。

アリソンは赤星兄弟からの依頼で、
東京ゴルフ倶楽部から川奈に向かう途中で
藤沢に立ち寄り、関西の広野でのコース監修のあとに
再びこの藤沢で造成現場に立ち寄りました。

1933年には日本プロゴルフ選手権が開催され、
34年には親善試合のために来日したベーブ・ルースがラウンドしています。
また、38年に日本オープン選手権が行われました。

もしこのコースが現存していれば
日本屈指のクラシックコースになっていたのは間違いありません。

大戦で藤沢海軍航空隊司令部が接取し、
戦後米軍が駐留しましたが、
ゴルフ場としては再開することなく、
運動場や住宅地へと変貌してしまいました。

昨年、私は週刊『パーゴルフ』にて
グリーンハウスの保存・再生を行っている
善行雑学大学の宮田代表のルポを書きました。

「グリーンハウス」は県の所有になっていますが
しばらくの間、その価値が顧みられることもなく、
老朽化によって窓も壊れ、雨漏りがするほどでした。

5年ほど前から地元の有志による
善行雑学大学が中心となって保全運動をはじめ、
最近になってようやくその価値が知られるようになりました。

今回訪れたところ、ようやく雨漏りの修理がはじまったようで
壁には崩落によるケガを防ぐためのネットが張ってありました。

保全に向けてほんの少しは前進しているようですが、
これからも、もっと多くの方にその存在が知られるよう
お手伝いできればと思っています。

ソフトバンクグループの孫正義代表が、
全国の耕作放棄地や休耕田を使って
大規模なソーラーパネル発電を推進する
「電田プロジェクト」を立ち上げました。

大震災以来、ツイッターで際立った発言を
繰り返してきた孫社長ですが
その行動力には敬服するばかりです。

個人的にはメガソーラー発電には
ネガティブな思いを抱いています。
というのも、かなりの規模の土地を必要としますから
休耕田とはいえそれだけに農地を利用するのはもったいない。
これまで原発やハコモノに頼ってきた
税金を振り向けるインフラ整備資金が
メガソーラーにとって代わるだけではないのかという
思いを拭い去れない部分もあります。

とはいっても、孫社長がしたたかなビジネスマンだと思うのは
全国19の道県と組んでこのビジョンを立ち上げたという点にあります。

既存の電力会社に対抗しうる発言力をもつには
ある程度大きな発電規模や
自治体と連携した働きかけが必要と見込んでのことでしょう。

まとまった発電規模になって初めて
発送電分離やスマートグリッドを
議論の俎上に載せていく力となります。

「電田プロジェクト」に合わせて
全国の屋根に太陽光パネルを設置して
2000万kwをまかなう
「屋根プロジェクト」を同時に視野に入れているのも
流れとしては当然のこと。

自然エネルギーで本当に有力だと思われる
地熱発電など、何を先にするということではなく
それぞれが同時に進んでいけばいいのではないでしょうか。


このプロジェクトが発表された
「自然エネルギーの普及活動に関する緊急記者会見」について
孫社長のほかに登壇した首長を列記しておきます。

秋田県   中野 節 副知事
埼玉県   上田清司 知事
神奈川県  黒岩祐治 知事
長野県   阿部守一 知事
静岡県   川勝平太 知事
三重県   江畑賢治 副知事

このほか以下の都道府県の代表者が列席しました。
北海道、山梨県、岡山県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県



やはりというか、ついにというべきか
消費者が農産物の生産を直接オーダーする
取り組みがはじまりました。

運営するのは神奈川県藤沢市のIT企業NAVICOで
その名も「収穫.com」

生産者からいくつかの生産方法を提示してもらい
消費者のオーダーが最低ロットに達したものを
生産してもらうという仕組みです。

たとえば無農薬米といっても
製法(鴨農法、もみ殻農法、人力で草取りする農法)、
肥料(工場の有機肥料、鶏粉、サンゴの粉など)、
銘柄(コシヒカリ、ノトヒカリ、ひとめぼれなど)による違いがあります。

あらかじめHPにこれらを明示した農法が提示され
消費者は選別したうえで予約すると
最終ロットに達した段階で生産に取りかかります。

このサービスは4月20日からはじまったばかりで
まずは能登半島のお米について予約を開始。

28日まで予約を受け付けており、
予約決定後に予約金を支払うと、
田植えが開始されることになっています。

無農薬の農産物は、基本的に農協が取り扱ってくれず
農家にとってこだわりのある生産物は
なかなか取り組みにくいという事情がありました。

この方法によれば
農家が挑戦するリスクを回避して
安定した収入を確保することができ
消費者はあらかじめ決めた価格で
安心・安全な食料を手にできる利点があります。

これまで飲食店向けなど、B to Bでは
こういった取り組みがありましたが
個人向けとしては聞いたことがありません。

この農産物のイージーオーダーは
農業流通に大きな変革をもたらすものと
期待しています。



このページのトップヘ