DUAL LIFE PRESS デュアルライフプレス

無理せずにできるところから田舎暮らしをしたい。 二地域居住を実現するヒントや情報をお届けします。

タグ:岩手県

復興構想会議に期待していたところもあるのですが
報道で出てくる話題といえば財源の話ばかりで
グラウンドデザインはまったく見えてきていません。

もしくは、報道がミスリードしているのでしょうか。


そのなかで、一部、
メンバーの安藤忠雄さんの提案は
腑に落ちるところがあります。

それは「鎮魂の森」構想です。
(毎日新聞 6/11)

「がれきに土をかぶせて町は作れない。
行方不明の子がいるかも分からぬところに
町はできない。そこは森にしたらいい」

震災から3カ月経つというのに
1万5000人を超える死者に加え、
約8000人の行方不明者を数えます。

この状況では、悲しみを抱いた家族は
一縷の希望を抱いたままで、
被災した土地を開発することに
賛同することはできないでしょう。

哀しみはいまだ過去のものではなく
現在進行形なのです。


効率ではなく、そこに暮らす人の想いをくんでいけるかどうか。

行政の意図にかかわらず
その土地で生きていく決意をした人々の
想いをくむ施策を
なによりも優先していくべきではないでしょうか。


一方で、遺された人々の生活をどうするのか。

モニュメントをつくるだけでは産業は生まれません。

将来に夢を抱けるような雇用を作りだすこと。

復興構想会議には
具体的な提案がまったく欠落しています。

もはや資金を投入すべきインフラの
グラウンドビジョンが見いだせない会議は無意味です。

3カ月を経過したいま、
復興構想会議の提案にかかわらず
個々の自治体が独自の方向性を打ち出す
タイミングを迎えていると思います。


JR東日本が東日本大震災の
復興支援策を10日に発表しましたね。

新幹線では、東京―盛岡間の
やまびこ自由席が約半額になります。
名称は「やまびこ自由席片道きっぷ」。

片道料金は、たとえば
盛岡6500円(通常1万3330円)
仙台5000円(通常1万80円)

発売期間、利用期間ともに
5月14日〜6月13日です。

それからJR東日本の全線で使用できる
1日フリーパス「JR東日本パス」も
1万円で発売されます。

こちらの利用期間は
6月11日〜6月20日、7月9日〜7月18日
と、ともに限定的で、
利用日の1カ月前から前日までの発売になります。

坂本龍一が代表を務める
「more trees」
仮設住宅の建設サポートをはじめました。

その名も被災地支援プロジェクト「LIFE311」

岩手県の陸前高田、大船渡、釜石に隣接する
住田町は「森林・林業日本一」をスローガンに掲げており、
昨年から木造仮設住宅の構想を進めていました。

木造の利点はいくつもあります。
まず仮設住宅の期間終了後にも
解体して建設資材として活用できること。
建材が傷んでいれば粉砕し、
ペレットにします。

この木造住宅には、
厳しい冬場をしのぐために
ペレットストーブを設置します。

ペレットストーブは不要になった木材や
端材のチップを固めたものを燃料にするので、
じつは環境にやさしい暖房方法として
注目されるようになってきました。
それになによりも暖かく、コストが安い。
灯油や電力を使用せず、
エネルギーの地産地消にも役立ちます。

住田町長の多田欣一氏のメッセージによれば、
住田町に110棟を建設予定で、
完成は5月20日を見込んでいるとのこと。
この住宅は一戸建て(29.6平方メートル)で
建設費には250万円かかるといいます。

以前、他の地域のプレハブ仮設住宅の建設コストが
350万円と聞いて、もっと安くできるのではと思っていましたが
この住宅は再生使用も可能で、
インフラ整備も含めて300万円で建設可能です。

このプロジェクトは国や県が主導するものではありません。

住田町が独自に推進しているプロジェクトなので
資金が必要です。

そこで現在3億円を目標に寄付金を募っています。
4月26日のこのブログを書いている時点で
745万7982円の寄付金があります。

被災者を救済するだけではなく、
中長期的に地域産業の活性化にも
貢献する取り組み。
ぜひ応援していきたいと思います。




三陸海岸の牡蠣の復興を支援する
「SAVE SANRIKU OYSTER」プロジェクトが
はじまりました。

これは1口1万円の牡蠣オーナーを募り、
その資金をもとに養殖いかだや種牡蠣などの
資材購入にあてるというもの。

復興後の牡蠣を前払いで購入する制度です。

出荷が再開された場合
1口あたり三陸産殻付き牡蠣20個前後が届けられるということ。

ただし、復旧の見込みはいまのところまったく立っていません。
カキの養殖には通常でも2〜3年、
場合によっては5年以上かかるかもしれません。

このプロジェクトを立ち上げたのは
螢▲ぅ螢鵐が運営する「海鮮直送 旨い!牡蠣屋」
オーナーには何年も待ってもらうことになりますが
それでもこのプロジェクトに賛同する人は多く、
1日数百口の申し込みがあるといいます。


日本赤十字社による義援金は再配分に時間がかかり
復興のための資金を直接生産者に送る手法として
こうした取り組みは画期的です。

今後、こうした復興オーナー制度は増えていくかもしれませんね。


第一次募集期間は2011年3月26日〜6月30日まで。

ツイッターはハッシュタグ#fukkokakiで出てきます。

先週末に岩手県の宮古に行ってきた。

日本の田舎は豊かだ! を証明する、
魚菜市場で買ったおみやげがコレ。

宮古のウニ


牛乳瓶のような容器に入った獲れたての生ウニ。
これで1本約1500円。
約、というのは、値段が相場次第で日替わりだから。

同じ商品でも1日、2日前に市場に並んだものは
少しずつ値段が下がっていったりする。

ミョウバン無添加、紫外線とオゾンによる殺菌で
軽い塩水につけてあるので、そのまま食べられる。

早速、ウニ丼にすべく、
炊きたての玄米ご飯の上に焼海苔、めかぶ、
そして瓶の中から3分の1ほど乗せてみた。
中身は思った以上にいっぱい入ってる。

三陸生ウニ丼


味は……

「やっべぇー!!!」

ミョウバン臭のまったくない
ほんとに獲りたてそのままの新鮮さ。
甘みとうまみが口のなかに広がる。

ちょっと醤油をたらしたら、
ウニの甘さがさらに引き立った。

これは、いままで食べたムラサキウニ史上、
ナンバーワンにしてあげてもよかろう。


幸せでございました。

このページのトップヘ