DUAL LIFE PRESS デュアルライフプレス

無理せずにできるところから田舎暮らしをしたい。 二地域居住を実現するヒントや情報をお届けします。

カテゴリ: レンタル農園

ルーキーズクラスの自主活動を終えてから
「元麻布農園」に行ってきました。

ここは農園つきの賃貸住宅。

25日が内覧会ということで
初めてのお披露目になります。

110625DSC_7442


おもしろい建物だなと思ったら、
元は大使館に勤務する外国人向けの
賃貸マンションだったとのこと。

リノベーションして個室を振り分け、
17棟を貸し出します。

ワンルームで部屋は大きいとはいえませんが、
プライベートな寝室と考えれば
そういう割り切りもできます。

というのも、この物件の最大の特徴として
お風呂やトイレは共同、
広いリビング&キッチンが
共用スペースになっているからです。

110625DSC_7461


約36畳の広々としたスペースは
住民が共用で使用できます。
もちろん、キッチンも共用。
かなりぜいたくなシェアハウスといった感じ。

110625DSC_7457


入居者のイメージとしては
20代後半から30代ぐらいの
独身やカップル、
個人事務所などを想定しています。

ゆるやかな共同生活になるので
どういう人が集まってくるか、
出会いの場としてもおもしろい物件ですね。

建物を出てすぐのところに農園があります。

110625DSC_7445


1m四方を1区画として貸し出します。

いちばん手前の草ぼうぼうの畝は
アイルランド出身で元パタゴニア日本代表の
ジョン・ムーア氏による
オーガニック農業のスペース。
雑草の中から野菜が生えてくるという
イメージですかね。
手を加えない農業もあるんです。

すでにこの農園では
有機農業を営む
新潟の農家の方を招いての
野菜作りセミナーや
ラウンジでのヨガレッスン講座などを
開催しています。

麻布十番を拠点にしての農園生活。
なかなか魅力的ですなあ。


6月1日より、東京都町田市で
遊休農地のマッチングサービスがはじまっています。
(町田経済新聞 6/7)

記事によれば、町田市の市街化調整区域には
330ヘクタールの農地がありますが、
そのうち約10ヘクタールが遊休農地となっています。

里山の風景を保全するために
市が遊休農地の情報を「農地バンク」として登録。
一方で農地を探す人の情報を「担い手バンク」に登録し、
そのマッチングを進めるというものです。

農業経営に興味があれば、個人、法人を問いませんが、
家庭菜園や自家消費用としては利用できません。

あくまで販売を目的として農産物を生産する人に限られます。

この制度を利用すれば、農地法による貸し借りとは異なり、
他人に貸しても確実に土地が戻ってくること、
また、納税猶予農地でも貸し付けることができる、
ことがメリットになります。

この事業は農業経営基盤強化促進法の見直しに基づくもので、
多摩地区では初の試みとなります。

これからの農業は
土地をレンタルするというのも
大きな流れのひとつです。

遊休農地が借りやすくなれば
個人だけではなく、複数の農家が連帯して
農業法人を経営していくという方法も
増えていくでしょう。


兵庫県宝塚市の
阪急逆瀬川駅前の再開発ビルに
一般市民が借りられる
野菜工場式の農園が登場しました。

かつて住宅・都市整備公団が
市街地再開発事業の一環として手がけた物件で、
「アピア3」という名前で親しまれていたものをリノベーション。
名称も「カルチェヌーボ宝塚逆瀬川」に変更。
「宝塚メディア図書館」「旨いもん市場」「市民農園」が
併設するビルへとリニューアルしています。

この「マイ野菜市民農園」
6月6日にスタート。

水耕栽培で一区画1.2m四方の
野菜棚が約370 棚。
レタスだと35日〜45日で24個
収穫できるといいます。

東日本大震災への支援も含め、
以下のような料金体系で発足しています。
なかなかユニークなので、
以下、ホームページより抜粋します。


【ご契約期間について】
ご契約期間は1年間(12ヶ月)とし、マイ野菜市民農園の
利用開始月を1ヶ月目とします。
A 月額6,000円:市民農園 + 定期講習 + カフェチケット
   + 図書館有料会員(年間5,000円分を含む)
B 月額8,000円:iPad + WEBカメラ+市民農園 + 定期講習
   + カフェチケット + 図書館有料会員
C 月額4,000円:Aプランで収穫する野菜を災害復興支援で
  被災地の福祉施設に贈る
D 月額5,000円:Aプランで収穫する野菜の半分を災害復興支援で
  被災地の福祉施設に贈る
E 月額6,000円:Bプランで収穫する野菜を災害復興支援で
  被災地の福祉施設に贈る
F 月額7,000円:Bプランで収穫する野菜の半分を
  災害復興支援で被災地の福祉施設に贈る
G A〜Fいずれかのプランをグループで借りられます。
  ご希望の方はA〜Fプランのうち1つを選択の上、Gプランをお選び下さい。.


今後、このような駅ビル+野菜工場が増えていくのでしょうね。

ちなみに、この植物工場を手掛けるのは
神戸の会社で「植物工房えれふぁーむ」です。

このページのトップヘ