気になるニュースをひとつ。

刈り取った羊毛って
どうやって処理すると使えるようになるのか――

羊の原毛の処理について
教わる機会はなかなかありませんが
岐阜市畜産センター
加工法の講座が
7月下旬に開かれる予定です。

7月に市の「広報ぎふ」で募集されるというので
近くにお住まいで興味のある方は
注意してみたら。

岐阜市畜産センターでは
約20頭の羊を飼っており
毎年春に刈り取った羊の原毛を
市内在住の方を対象に
無償で配布しています。

ただ、こちらは人気があるようで
往復ハガキで申し込んでも
当たらないケースが多いとか。

原毛は洗浄や乾燥、
櫛ですいて繊維を整えるなど
利用するまでにいくつかの工程が必要ですが
糸を紡がなくとも
フェルトにすることができます。

畜産農場で、原毛を使って
帽子をつくるなんてセミナーがあったら
けっこうコアな人気があると思いますがどうでしょうか。

染色までいくとなかなかハードルが高いですかねぇ。