DUAL LIFE PRESS デュアルライフプレス

無理せずにできるところから田舎暮らしをしたい。 二地域居住を実現するヒントや情報をお届けします。

カテゴリ: きゅうりの育て方

ようやく暖かくなってきました。
地方では田植えも始まったようですね。
ブログも再始動せねばー。

ということで、うちでもベランダ菜園を復活。

野菜の苗を植えました。

プランターはひと冬ベランダに放置しておいたので、
まずは土の中に残った根を取り、
水を与えて耕し、肥料を加えて土づくりから。

握ったときにゆるいかたまりができるぐらいまで
ふかふかに調整。

苗は長野・御代田にある小林農園で仕入れてきたもの。
きゅうり3、なす2、プチトマト2、軽井沢とうがらし2を植えつけ。

きゅうりとプチトマト
120510DSC_1605


なすと軽井沢とうがらし
120510DSC_1607



家庭菜園の本を読むと
きゅうりは受粉の必要がないと書いてあるのですが
昨年は雌花、雄花は咲くのにどうにも実がならずに失敗。
今年は苗の数を増やしてみます。

ゴーヤは断念。
ベランダの庇が深くて夏の直射日光が当たらず
日照不足でうまく育てられないことが判明。

去年は涼しかったこともあるのですが、
その代わりにきゅうりとプチトマトを
緑のカーテンにはわせようと思います。

ところで、ベランダは雨が吹き込むので、
東京とはいえ、どのぐらい放射能の影響を
受けているのか気になるところ。

ガイガーカウンターを地表面にあててみると
だいたい0.08〜0.12μSv/h。

120510DSC_1603


屋内の数値とほぼ変わらず
気にする必要がないのを確認。

折に触れ確認しながら菜園を続けていきます。




今年最初のきゅうりの花。

まず雌花が咲きました。
小型のきゅうりが花の根元についている
写真の下が雌花。

110518DSC_6827


雄花がその奥にひとつ。


これまできゅうりは受粉させないと
実にならないのかと思っていましたが
受粉しなくとも実は大きくなります。
これを「単為結果」と言います。

農家の方に聞いた話だと
温度や水、肥料などの条件がいいと
雄花ばかりになるので
少々ストレスを与えて
種の保存をおびやかすように
してやると雌花が増えるそうです。

昨年、雌花が咲いたものの
実にならないケースが多く、
どうしたもんかなあと思っていました。
受粉しないのが原因かとも。

どうやらそうではないようです。

110518DSC_6828


株元にある子づるの芽は摘んでいますが
この写真の親づるはネットの丈の
いちばん上に行くまで摘みません。

子づるが出たら、最初に雌花がつくはずなので
2枚葉を残してその先は摘芯というのがセオリーです。

さて、うまくいきますかねぇ。




ベランダ菜園の種を植えてから17日目。

ラディッシュ、ルッコラ、にんじんの芽が
一斉に伸び始めました。

110502DSC_6238


これはラディッシュ。
奥がルッコラです。

オクラの種は依然として動きがありません。
昨年取りかかったのが遅かったため
ベランダに太陽が差し込む角度が足りず
あんなに天気がよかったのに日照が不足してしまいました。
今年はどうなることか。

きゅうりには添え木をしてあげました。
茎を軽く結わえておいたら
ちょっと目を離した隙に
いつのまにかつるが巻きついてました。

110502DSC_6243


定点観測していると、つるを左から右へと
円を描くようにぐるぐるまわすんですよね。

何かつかまるものが見つかると
すかさずそこに巻きつきます。

きゅうりはなかなか成長はいいようです。

もう一週間もすれば奥の緑のカーテンに
広がり始めるかもしれません。


いよいよ今年のベランダ菜園を開始しました。


今日準備したのは2種類の苗と4種類の種。

DSC_6104










昨年比較的うまくいったにんじんと
ルッコラ、ラディッシュは種から始めます。

日当たりが足りずいまいちだったオクラも
この時期に種からチャレンジ。

苗はきゅうりとフルーツトマト。

DSC_6108










きゅうりはつるを緑のカーテンに這わせながら
大きくしていきます。

DSC_6109










トマトは水やりと脇芽つみがポイントになりそう。
昨年うまくいかなかったのでリベンジです。



2日続けての暴風で
緑のカーテンの植物は
すっかりヘロヘロ状態になっちゃった。

きゅうりボロボロ31日目


きゅうりもゴーヤも葉がボロボロでかわいそう。
一部の葉は折れたりちぎれたりしてた。

それでもしっかりとつるでネットにしがみつき
この暴風を耐え抜いてた。

成りかけのきゅうりの実は健在。
たくましいなあ。


空芯菜25日目


空芯菜にも根元から小さな芽が伸びてきた。

苗を植えて25日目。収穫してから5日目。
収穫第二弾はいつかな。

ベランダで育てた1本目のきゅうりが大きくなり、
20僂鯆兇┐燭里納穫することにした。

1本目を収穫することで、
他のきゅうりが実をつけやすくなるという。

きゅうり収穫


ちょっと曲がってるけどなかなか立派。

味噌をつけてそのまま食べたけど、
種はまだしっかりしたカタチになっておらず、
もうちょっと伸びしろがあったんだなーということがわかる。


受粉に失敗し、半分ぐらいしか実をつけなかった
プチトマトは、ここにきてようやく色づいてきた。
昨晩、根が窮屈そうだったので、
すこし広めのプランターに植え替えたのがよかったみたい。

プチトマト色づき始め


根腐れを起こす一歩手前だった。
植え替えるとき、土が湿ったままで、
花瓶に入れっぱなしにしておいた
生花の茎のような匂いがした。


植物を見ていると、やっぱり葉とか実とか、
元気がないのはそれぞれ理由があるんだな。


緑のカーテンは身長ぐらいまで大きくなった。
設置してから23日目。

緑のカーテン23日目


あとはゴーヤが勢いを取り戻してくれれば。

緑のカーテンをはじめて22日目。

野菜はけっこう大きくなってきた。

きゅうり22日目


きゅうりはここ数日で15僂砲泙農長。
みるみる大きくなる。
朝と晩で長さが違うのがわかる。

同じ時期に受粉できなかったきゅうりは
4僂里泙淙僂錣蕕此
花に近い先端のほうが
だんだん黄色く変色してきた。

きゅうり受粉失敗


本来ならば虫が花粉を運ぶ役割を担うのだが
8階のベランダにはさすがに虫はあまり飛んでこない。

自分で雌花に雄花を押しつけて
受粉させるしかないのだが、
開花のタイミングに合わなかったのか、
2本も失敗してしまった。


空芯菜のほうは、苗からはじめて17日目。

空芯菜17日目


日なたに移動させたらどんどん大きくなった。
直射日光でもけっこう強い。

背丈も30僂鯆兇┐燭里任修蹐修躰穫しようと思ってます。

きゅうりの苗を植えてから2週間。

ついに雌花がカタチになってきた。

きゅうりの雌花


こんなに小さいのに、いぼいぼもあって
これからきゅうりになろうというのがよくわかる。

葉も大きく広がり、
ゴーヤが脇に追いやられてしまいそう。

緑のカーテン14日目


この日の夕食には、前日にヒルズマルシェで購入した
水なすとルッコラを使ったサラダが並んだ。

水なすとルッコラのサラダ


トッピングしたプチトマトは、
TKエボリューションファームの井手さんが
丹精込めて作った「塩とま!」。

農業ルーキーズクラスで講師を務めた
東京デリカフーズの大社長からのプレゼント。

ミネラル分が豊富で、糖度とうまみがすごい。
小さいのにどっしりとした、昔懐かしいトマトの味。

サラダはわしわし食べましたっ。

このページのトップヘ