DUAL LIFE PRESS デュアルライフプレス

無理せずにできるところから田舎暮らしをしたい。 二地域居住を実現するヒントや情報をお届けします。

カテゴリ: ベランダ菜園

ようやく暖かくなってきました。
地方では田植えも始まったようですね。
ブログも再始動せねばー。

ということで、うちでもベランダ菜園を復活。

野菜の苗を植えました。

プランターはひと冬ベランダに放置しておいたので、
まずは土の中に残った根を取り、
水を与えて耕し、肥料を加えて土づくりから。

握ったときにゆるいかたまりができるぐらいまで
ふかふかに調整。

苗は長野・御代田にある小林農園で仕入れてきたもの。
きゅうり3、なす2、プチトマト2、軽井沢とうがらし2を植えつけ。

きゅうりとプチトマト
120510DSC_1605


なすと軽井沢とうがらし
120510DSC_1607



家庭菜園の本を読むと
きゅうりは受粉の必要がないと書いてあるのですが
昨年は雌花、雄花は咲くのにどうにも実がならずに失敗。
今年は苗の数を増やしてみます。

ゴーヤは断念。
ベランダの庇が深くて夏の直射日光が当たらず
日照不足でうまく育てられないことが判明。

去年は涼しかったこともあるのですが、
その代わりにきゅうりとプチトマトを
緑のカーテンにはわせようと思います。

ところで、ベランダは雨が吹き込むので、
東京とはいえ、どのぐらい放射能の影響を
受けているのか気になるところ。

ガイガーカウンターを地表面にあててみると
だいたい0.08〜0.12μSv/h。

120510DSC_1603


屋内の数値とほぼ変わらず
気にする必要がないのを確認。

折に触れ確認しながら菜園を続けていきます。




忙しさにかまけてちょっと目を離したら
ベランダの野菜に虫がついていました。

110620R0055009


ミニピーマンとルッコラ、ラディッシュの苗にびっちり。
アブラムシだけでなく、変なタマゴらしきものもついています。

そこで、ルーキーズクラスで聞いた方法を試してみました。

害虫を取るのにガムテープを利用するというのですが
代わりにカーペットのコロコロの紙を使います。

それがすごい効果で、葉の裏の虫だけがくっついて
葉ははがれていきます。

110620R0055011


これはいい!

手で潰したり、ティッシュで取ったりするときとは大違い。
おもしろいぐらいどんどん取れます。

110620R0055014


ほんとうはこんなものじゃありません。
少なく見積もってもアブラムシ300匹以上は取れたかな。

あまりにグロなので写真ではお見せできません。

(ちなみに後日、この作業を4日ぐらい続けたらようやく根絶できました)


それにしても、これはいい方法です。

見つけたら葉がやられる前に即実践すべきですね。


ゴーヤの本葉が6枚ぐらいついて
ようやく安定してきたので
芽を摘むことにしました。

110607R0054943


左のつると右の葉のちょうど間にあるのが
次の芯になる部分です。

ゴーヤはこのままつるを伸ばしても
実がなりません。
芯を摘むと脇芽が出て
子づるが伸びていきます。
実は子づるにつくので
葉が5枚ぐらいになったら摘みどきです。

110607R0054949


ちょっとかわいそうですが、
子づるもこれからびっくりするぐらい
伸びていきますよ。

うちのベランダは庇が深くて
夏になると直射日光があまり入ってこなくなります。
日照不足がかえって残念なんですけどね……

これから子づるは横にはわせていくつもりです。

今年最初のきゅうりの花。

まず雌花が咲きました。
小型のきゅうりが花の根元についている
写真の下が雌花。

110518DSC_6827


雄花がその奥にひとつ。


これまできゅうりは受粉させないと
実にならないのかと思っていましたが
受粉しなくとも実は大きくなります。
これを「単為結果」と言います。

農家の方に聞いた話だと
温度や水、肥料などの条件がいいと
雄花ばかりになるので
少々ストレスを与えて
種の保存をおびやかすように
してやると雌花が増えるそうです。

昨年、雌花が咲いたものの
実にならないケースが多く、
どうしたもんかなあと思っていました。
受粉しないのが原因かとも。

どうやらそうではないようです。

110518DSC_6828


株元にある子づるの芽は摘んでいますが
この写真の親づるはネットの丈の
いちばん上に行くまで摘みません。

子づるが出たら、最初に雌花がつくはずなので
2枚葉を残してその先は摘芯というのがセオリーです。

さて、うまくいきますかねぇ。




ベランダ菜園も28日目。

ルッコラがかなり密になってきたので
間引きすることにしました。

110514DSC_6805


これはすこし引き抜きすぎたかな……

110514DSC_6818


まあ、成長が早いので、次回はもうちょっと
間隔を考えて種を蒔くことにしよう。

きゅうりはとにかく元気です。

110514DSC_6812


つるも伸びて、きゅうりの原型らしきものが
見えるようになってきました。

ただ、花がまだなので、受粉できないと思いますが。
いまは脇芽待ちです。

プチトマトは実もつき始めました。

110514DSC_6816


去年、水をやりすぎたようで
根が腐ってしまったので
今年は極力水やりを控えています。
そのころ合いがむずかしい。

これでもあげてるほうかもしれない。
どこまでが限界なのかを探りながら
やるしかないですね。

最近ゴーヤの人気がすごくて
苗が品薄になっているようです。

小さな苗を仕入れてきました。

110514DSC_6807


添え木をして茎を緩く8の字に結びます。

ベランダは風が強いので
添え木をしないとかわいそう。

今年は早めに摘芯をするつもりです。
もうちょっと育たないとだめですね。

ベランダ菜園の種を植えてから17日目。

ラディッシュ、ルッコラ、にんじんの芽が
一斉に伸び始めました。

110502DSC_6238


これはラディッシュ。
奥がルッコラです。

オクラの種は依然として動きがありません。
昨年取りかかったのが遅かったため
ベランダに太陽が差し込む角度が足りず
あんなに天気がよかったのに日照が不足してしまいました。
今年はどうなることか。

きゅうりには添え木をしてあげました。
茎を軽く結わえておいたら
ちょっと目を離した隙に
いつのまにかつるが巻きついてました。

110502DSC_6243


定点観測していると、つるを左から右へと
円を描くようにぐるぐるまわすんですよね。

何かつかまるものが見つかると
すかさずそこに巻きつきます。

きゅうりはなかなか成長はいいようです。

もう一週間もすれば奥の緑のカーテンに
広がり始めるかもしれません。


いよいよ今年のベランダ菜園を開始しました。


今日準備したのは2種類の苗と4種類の種。

DSC_6104










昨年比較的うまくいったにんじんと
ルッコラ、ラディッシュは種から始めます。

日当たりが足りずいまいちだったオクラも
この時期に種からチャレンジ。

苗はきゅうりとフルーツトマト。

DSC_6108










きゅうりはつるを緑のカーテンに這わせながら
大きくしていきます。

DSC_6109










トマトは水やりと脇芽つみがポイントになりそう。
昨年うまくいかなかったのでリベンジです。



このところの陽気に触発されて
ひと冬ベランダに放置しておいた
プランターに手を入れました。

広がった根を切り、簡単にふるいをかけて
大きめの軽石を取り除きました。
シャベルで土を耕して水を含ませて終了。

DSC_6102


緑のカーテンもゴーヤのつるが残ったままでしたが
きれいに取りはらって準備オーケー。

少し落ち着いたら苗を植えようと思っています。

昨年はゴーヤのほか、きゅうり、オクラ、空芯菜、
プチトマト、にんじんを植えましたが
始めた時期が遅かったことと
日照が足りないこともあって
満足できるものではありませんでした。


さて、今年はどうなるかな?


これまで雄花しかつかなかったゴーヤに
ようやく雌花を発見!

ゴーヤの雌花


まだ1センチにも満たないが、
カタチは明らかにゴーヤ。
これから花が咲き、受粉すれば
実になっていく。

ひとつのプランターに
きゅうり、ゴーヤの4株はいかにも窮屈そうで
意を決してプランターを分けることにした。


このタイミングはかなりリスクがありそうだが、
いまやらないと、実が成らないようにも思う。

赤玉土を敷き詰め、有機野菜用の土を入れて
プランターをふたつ準備。

毛根は驚くほど伸びていたが
できるだけカットしないようにして植え替え。

プランター分離


無事に根が張ってくれることを祈るばかりです。

2日続けての暴風で
緑のカーテンの植物は
すっかりヘロヘロ状態になっちゃった。

きゅうりボロボロ31日目


きゅうりもゴーヤも葉がボロボロでかわいそう。
一部の葉は折れたりちぎれたりしてた。

それでもしっかりとつるでネットにしがみつき
この暴風を耐え抜いてた。

成りかけのきゅうりの実は健在。
たくましいなあ。


空芯菜25日目


空芯菜にも根元から小さな芽が伸びてきた。

苗を植えて25日目。収穫してから5日目。
収穫第二弾はいつかな。

空芯菜がいよいよ大きくなり、
そろそろ収穫の時期がきた。

測ってみると、ゆうに30僂歪兇┐討い襦

空芯菜40cm


収穫!

空芯菜収穫


けっこうな量があるね。

空芯菜の名のとおり、芯は丸く空洞になってる。


農業ルーキーズクラスで苗を配布されて以来、
20日目でここまで大きくなった。

空芯菜は切っても脇芽が伸びてくるので
下から5僂世瓜弔靴得擇辰討發いい箸い錣譴燭里世
葉がないと光合成ができないのではないかと思うと
どうしてもあまり下から切ることができない。

空芯菜を栽培するのははじめてで、
どこから脇芽が出てくるか確認したくて
葉を2枚だけ残してカットすることにした。

空芯菜収穫後


手前のオクラの苗は、相変わらずいっこうに大きくならない。
ここ2、3日で双葉の合間から顔を出した
本葉がすこし大きくなったような気もするが……。

次の空芯菜の収穫と、オクラが大きくなるのと
どっちが早いんだろう。


今日の晩ごはんには早速、空芯菜の料理が並んだ。

空芯菜とエリンギの紹興酒炒め。

空芯菜とエリンギの紹興酒炒め


量が少ないので、エリンギでカサ増し。
即席だけど、なかなかうまかった。
茎のしゃきしゃき感がいかにも採りたてだね。

いまの時期ならアサリと炒めてもいいかも。

ベランダで育てた1本目のきゅうりが大きくなり、
20僂鯆兇┐燭里納穫することにした。

1本目を収穫することで、
他のきゅうりが実をつけやすくなるという。

きゅうり収穫


ちょっと曲がってるけどなかなか立派。

味噌をつけてそのまま食べたけど、
種はまだしっかりしたカタチになっておらず、
もうちょっと伸びしろがあったんだなーということがわかる。


受粉に失敗し、半分ぐらいしか実をつけなかった
プチトマトは、ここにきてようやく色づいてきた。
昨晩、根が窮屈そうだったので、
すこし広めのプランターに植え替えたのがよかったみたい。

プチトマト色づき始め


根腐れを起こす一歩手前だった。
植え替えるとき、土が湿ったままで、
花瓶に入れっぱなしにしておいた
生花の茎のような匂いがした。


植物を見ていると、やっぱり葉とか実とか、
元気がないのはそれぞれ理由があるんだな。


緑のカーテンは身長ぐらいまで大きくなった。
設置してから23日目。

緑のカーテン23日目


あとはゴーヤが勢いを取り戻してくれれば。

緑のカーテンをはじめて22日目。

野菜はけっこう大きくなってきた。

きゅうり22日目


きゅうりはここ数日で15僂砲泙農長。
みるみる大きくなる。
朝と晩で長さが違うのがわかる。

同じ時期に受粉できなかったきゅうりは
4僂里泙淙僂錣蕕此
花に近い先端のほうが
だんだん黄色く変色してきた。

きゅうり受粉失敗


本来ならば虫が花粉を運ぶ役割を担うのだが
8階のベランダにはさすがに虫はあまり飛んでこない。

自分で雌花に雄花を押しつけて
受粉させるしかないのだが、
開花のタイミングに合わなかったのか、
2本も失敗してしまった。


空芯菜のほうは、苗からはじめて17日目。

空芯菜17日目


日なたに移動させたらどんどん大きくなった。
直射日光でもけっこう強い。

背丈も30僂鯆兇┐燭里任修蹐修躰穫しようと思ってます。

緑のカーテン19日目。

ゴーヤの子づるが伸びてきたので
葉が4枚ほどついたところで
子づるの芯芽を摘むことに。

子づる摘芯


本来はもっと早い段階で
摘むらしいのだが、
成長したあとだとなんだか摘みにくい。

これで孫づるが伸びるのを期待。


陽の当たる南側から見ると
けっこう葉を大きく広げて頑張ろうとしている。

ゴーヤの葉


でも左のうちわのようなきゅうりの葉と比べると
ちょっと負けてるね。


きゅうりは元気いっぱい。
ただ、同じ時期に受粉させたはずの
きゅうりの実に差がつきはじめた。

きゅうり受粉失敗


受粉に失敗したんだね。
むむむー。

緑のカーテン設置から17日目。

緑のカーテン17日目


きゅうりの茎はネットの中央のパイプを突破し、
身長の高さを目指してまだまだ伸びてる。


ゴーヤの雄花も開花。

ゴーヤの雄花


だが、雌花はどこにもなく、
実がなるのはもっと先になりそう。


12日目を迎えた空芯菜は
順調に大きくなっている。

空芯菜12日目


オクラの芽は水やりするたびに
倒れそうになる。
根づいていないみたいだ。

きゅうりの苗を植えてから2週間。

ついに雌花がカタチになってきた。

きゅうりの雌花


こんなに小さいのに、いぼいぼもあって
これからきゅうりになろうというのがよくわかる。

葉も大きく広がり、
ゴーヤが脇に追いやられてしまいそう。

緑のカーテン14日目


この日の夕食には、前日にヒルズマルシェで購入した
水なすとルッコラを使ったサラダが並んだ。

水なすとルッコラのサラダ


トッピングしたプチトマトは、
TKエボリューションファームの井手さんが
丹精込めて作った「塩とま!」。

農業ルーキーズクラスで講師を務めた
東京デリカフーズの大社長からのプレゼント。

ミネラル分が豊富で、糖度とうまみがすごい。
小さいのにどっしりとした、昔懐かしいトマトの味。

サラダはわしわし食べましたっ。

ゴーヤの苗が身長ぐらいまで伸びてきたところで
大きな問題発生!

というのも、ゴーヤは親づるだけを伸ばしていっても
雄花しか咲かず、実がならないというのです。

ネットで調べてみると、
ひとつの枝に葉が5枚ぐらいついたところで親づるを摘芯。

親づるから子づるが伸びてきて枝葉を増やし
こんどは子づるを摘芯。

孫づるになって、ようやく雌花が咲いて
ゴーヤがどんどん実るといいます。


まいったなあ。育つのに任せて
どんどん大きくすれば実がなるというわけではないんですね。


ほんとうは下から30cmぐらい育った地点で
親づるを摘んでしまうのですが、
さすがにもう愛着が湧いていて
なかなか下から摘む気にはなれません。

ゴーヤ摘芯親づる

しかも、栄養を行き渡らせることを考えて
すでに下部の芽は摘んだあとでした。

結局、意を決して腰ぐらいの高さで
親づるを切ることにしました。


ゴーヤの芽

右の茎の間から伸びているのが子づる。
左上は雄花です。

この子づるが育ち、さらに子づるの芯を摘んで
孫づるを伸ばしていく、

夏までに間に合うかどうか。
とにかくこれからの成長に期待するしかありません。

ゴーヤ親づる摘芯後

ここからリスタートです。

ベランダでの野菜栽培で
今年は緑のカーテンを作るべく
ネットを張ってみました。

プランターに植えたのは
ゴーヤときゅうり。
つるがどれだけ伸びるのか、
実験を兼ねて苗を植えてみることに。
つるが伸びる野菜はこれが初めての試みです。

苗を買って、少し根が落ち着いてから
ネットを張りました。
これが直後の写真。

緑のカーテン1

左の2株がゴーヤ、右の2株はきゅうりです。
つるをネットにもたれるように誘導してやると
すこし目を離した隙に、あっという間に
巻きついていきます。

緑のカーテン2


けっこうたくましい。

揺れても吸収できるように
巻きつく手前でつるが螺旋を描いて
スプリングの働きをするようになってます。

そしてこれが5日後の写真。

緑のカーテン3

あっという間にネットの目4段分も
伸びてしまいました。どれだけ伸びるんだ?

経過報告も兼ねて
レポートしていきます。

いよいよ気温が上がって
夏がすぐそこまでやってきました。

マンションに住んでいると
ベランダから熱気が入り込みますよね。

ベランダにツタのからまる植物を植えると
木陰ができて緑のカーテンができます。

こんなふうに建物自体を植物で覆ってしまえば
壁面の温度が上昇するのを抑えて
部屋の中を快適な温度に保つことができます。

エアコンをできるだけ使わず、しかも野菜が収穫できる。
一石二鳥ですよね。

そんな緑のカーテンを広める活動をしているのが
NPO法人「緑のカーテン応援団」です。

個人だけでなく学校や企業団体など、
全国で緑のカーテンに取り組むところが増えてきています。

実のなる植物を挙げると、
1年草ではゴーヤ、きゅうり、いんげんなど。
多年草ではキウイなどがあります。

苗を植える時期は4月〜6月の中旬ぐらいまで。
もう今年のタイミングはぎりぎりですが、
植木屋さんで苗を購入して挑戦してみては。

このページのトップヘ