DUAL LIFE PRESS デュアルライフプレス

無理せずにできるところから田舎暮らしをしたい。 二地域居住を実現するヒントや情報をお届けします。

カテゴリ: ゴルフ

昨日、藤沢市の「グリーンハウス」で行われた
講演会に行ってきました。

講師はゴルフコースコメンテーターであり
開発コンサルタントのマサ・ニシジマ氏。

「失われた世界の名コースたち」という演目で
いまはなき「旧藤澤カントリー倶楽部」が
世界レベルのコースであったことを検証する話でした。

以下、その一部をYOUTUBEにアップしました。
全部で3編あります。

「旧藤澤カントリー倶楽部―失われた世界の名コース 1」

「グリーンハウス」は、小田急江ノ島線善行駅から
歩いて5分ほどのところにある古ぼけた洋館です。
神奈川県体育センターの敷地内にあり、
現在は食堂として利用されています。

じつはこの建物はアントニン・レーモンドによる建築で
1932年〜1943年まで存在した
「藤澤カントリー倶楽部」のクラブハウスでした。
コース設計は赤星四郎、C.H.アリソン。

アリソンは赤星兄弟からの依頼で、
東京ゴルフ倶楽部から川奈に向かう途中で
藤沢に立ち寄り、関西の広野でのコース監修のあとに
再びこの藤沢で造成現場に立ち寄りました。

1933年には日本プロゴルフ選手権が開催され、
34年には親善試合のために来日したベーブ・ルースがラウンドしています。
また、38年に日本オープン選手権が行われました。

もしこのコースが現存していれば
日本屈指のクラシックコースになっていたのは間違いありません。

大戦で藤沢海軍航空隊司令部が接取し、
戦後米軍が駐留しましたが、
ゴルフ場としては再開することなく、
運動場や住宅地へと変貌してしまいました。

昨年、私は週刊『パーゴルフ』にて
グリーンハウスの保存・再生を行っている
善行雑学大学の宮田代表のルポを書きました。

「グリーンハウス」は県の所有になっていますが
しばらくの間、その価値が顧みられることもなく、
老朽化によって窓も壊れ、雨漏りがするほどでした。

5年ほど前から地元の有志による
善行雑学大学が中心となって保全運動をはじめ、
最近になってようやくその価値が知られるようになりました。

今回訪れたところ、ようやく雨漏りの修理がはじまったようで
壁には崩落によるケガを防ぐためのネットが張ってありました。

保全に向けてほんの少しは前進しているようですが、
これからも、もっと多くの方にその存在が知られるよう
お手伝いできればと思っています。

急募です!

名門「霞ヶ関カンツリー倶楽部」が5月23日に
東日本大震災支援のチャリティゴルフを開催します。

料金はなんと1万円で、別途5000円の義援金が必要です。

対象は川越市民と埼玉県民のみですが
このような取り組みが広がれば
被災地の支援になるばかりでなく、
ゴルフ場も徐々に活性化していくはずです。

他県のゴルフ場関係者のみなさんもぜひご検討ください!



<がんばろう日本 「東日本大震災支援チャリティーゴルフ」 開催のご案内>

東日本大震災により被災された方々、
ご家族の皆様に心からお見舞い申し上げます。
この度の大規模震災に際し、被災地復興支援を目的として川越市と協力し、
川越市民及び県民を対象として「東日本大震災支援チャリティーゴルフ」を
当倶楽部に於きまして開催いたします。
参加費(義援金)は川越市を通じて当日に全額募金させていただきますので、
開催趣旨をご理解の上、何卒ご協力、
ご支援をくださいますようお願い申し上げます。

開催日     平成23年5月23日(月)
開催コース   社団法人 霞ヶ関カンツリー倶楽部 東・西コース
料   金    10,000円(昼食時ワンドリンク付き)税込み
          *70才以上利用税非課税扱い(証明書必要)
参加費     5,000円(義援金として)
          *フロント受付時に15,000円をお支払い下さい。
募集人員     300名(定員になりしだい締切りといたします)
スタート時間  8時よりとし、開場は7時15分
プロレッスン  練習場にてスタート前に当倶楽部所属プロを待機させ
          無料ワンポイントレッスンを開催いたしますので
          お声を掛けて下さい。
申込方法    下記協力団体を通してお申込下さい
          (未成年者の来場はご遠慮下さい)
          一組単位の申込とし、代表者の住所・氏名・HD及び
          同伴プレイヤーの氏名・HDを明記の上お申込下さい
          (一組のHD合計100まで)
施設利用方法 当倶楽部は節電を目的として変則営業
          (浴室シャワーのみ、食堂限定メニュー、
          コース売店はクローズ)を行っており、
          閉場時間は17時1ラウンド限定といたします。
          尚、当倶楽部で決められたドレスコードに注意し、
          来場に際しましては上着を着用下さい。

主   催     社団法人 霞ヶ関カンツリー倶楽部
協   力     川越市商工会議所、埼玉県ゴルフ協会、
          川越市ゴルフ協会
後   援     川越市、川越市社会福祉協議会
        
当倶楽部では被災地復興支援を目的とし、今後も継続的
(次回7月4日近隣自治会対象)に
協力して参りたいと考えておりますので何卒、
引き続き宜しくご協力の程、お願い申し上げます。

社団法人 霞ヶ関カンツリー倶楽部
       (TEL049-231-2181・FAX049-231-4528)


ゴルフのプレーに対して
「復興協力金」を取ることを
22日のブログで提案しましたが、
早速PGM(パシフィックゴルフマネージメント)
新しい取り組みがはじまりました。

「1 Play = 1 Love」

「ワンプレー=ワンラブ」と名づけられたこのアクションは、
被災者の救援や被災地復興のため
1ラウンドに付き100円をゴルフ場が義援金として
日本赤十字社等に寄付するというもの。

被災した宮城、福島の8ゴルフ場や
一部の運営受託コースを除き、
全国のPGMゴルフ場で
4月1日〜5月31日までに予約し、
かつプレーされたラウンドが対象になるとのこと。

利用者からではなく
ゴルフ場が義援金を出すというプロジェクトですが、
プレーヤーからの協力にも期待したいですね。

被災して家屋を失った人々はどこに住めばいいのか。

ひとつの提案として、ゴルフ場を仮設住宅地とするプランがようやく動き始めようとしています。

ゴルフコースコメンテーターのマサ・ニシジマ氏や戸張捷氏の働きかけにより
経済産業省がJGA東北ゴルフ連盟に対し
避難場所の提供と被害状況を把握する呼びかけを始めました。

もちろん東北のゴルフコースも被害を受けており、、
コースに亀裂が入ったり、クラブハウスが倒壊しているところもあります。

まずは被災された方々の生活環境が整わないかぎりは
近隣のゴルフ場の復活はありえないわけで
ゴルフ場によってはすでに閉鎖を決め、従業員を解雇したところもあると聞いています。

しかし、こういう後ろ向きの方策だけでは
復興を早めていくことはできません。


もしゴルフ場を仮設住宅地とすれば、
被災した側からみれば、
すみやかに広大な場所を提供してもらえる利点があります。
そこには大浴場も、レストランも、ヘリが離発着できる場所も、
休息できる施設もある。

一方、クラブハウスが防災センターとしての役割を担うことができれば
そこに雇用が生まれ、いくらかは復興支援のための資金も投入されることになり
経営を当面維持しながら社会貢献ができるという、
ゴルフ場側のメリットもあるはずなのです。


もうひとつ、ゴルフ界として動くべき方策は
「ドネーション・タックス」です。

経済がまわらなければ復興への道のりは遠くなってしまう。

ただ、いかに被災地から離れているとはいえ、
このご時世にゴルフをすることへの気後れも当然ある。

そこでプレーする人から
200〜300円程度の「復興協力金」を徴収し
災害復興へ貢献してもらいながら
気兼ねなく楽しんでもらおうというのが趣旨です。


いずれのプランも、JGAが主体となり、
率先して声をあげてもらえればと思います。

多くのゴルファーがこの考えに賛同してくれることを願います。

このページのトップヘ