DUAL LIFE PRESS デュアルライフプレス

無理せずにできるところから田舎暮らしをしたい。 二地域居住を実現するヒントや情報をお届けします。

カテゴリ: アイドル

昨日の「きみともキャンディ」で
気になって、全国のご当地アイドルを
調べてみました。

すでにけっこうありますね。

岡山県津山市も2011年4月1日〜
2012年3月末までという期限付きで
津山ご当地アイドルを発足させています。
12歳〜17歳の7人のユニット。
6月にデビュー予定で
現在グループ名を公募中です。

高知の「はちきんガールズ」
チアリーディンググループを母体として結成されました。
現在メンバーは5人。
年齢は11歳〜15歳とチョー若い。
こちらは地方の芸能スクール生です。

このようにプロダクションやモデル事務所主導で
グループを立ち上げるケースもあり、
最初の立ち上げを自治体とのタイアップで公募するかどうか、
このあたりが2010年代のご当地アイドルを定義する
ポイントになりそうです。

というのも、これまでローカルアイドルは
1993年に結成された大阪パフォーマンスドールのように
吉本興業が仕掛けたものもあるんですね。

ウィキペディアでは、ローカルアイドルの型を
5つに分類しています。
 ・商店街発
 ・販売促進キャンペーン発
 ・ローカル番組発
 ・地方の芸能事務所発
 ・関東ローカル発

AKB48は秋葉原という特定の地域に密着した
関東発のローカルアイドルと位置づけられています。

そして、この成功が地域活性化にも大きなヒントを与えました。

このほか、
2010年デビューの栃木の「とちおとめ25」(11人/平均年齢16歳)、
滋賀県の「美わっ娘。」(3人/高校生〜大学生/吉本興業系)、
福岡で専用劇場で公演を行うアイドルグループの「HR」(11人/13歳〜21歳)などがあります。

地域に根ざし、そこで人気を得なければ
町おこしを標榜する
2010年代ご当地アイドルとして定着しないのでは……
と思っています。


香川発のご当地アイドルが7月に誕生します。

名前は「きみともキャンディ」
おぢさんは脱力してしまいますが、
「いろんな色、いろんな味のキャンディたちは
キミの友達なんだよ」っていう意味だそうです。

第一期生として
去る5月8日にオーディションが開催され
163人の応募の中から
6名がメンバーに選ばれました。

いちばん下の年齢が10歳、上は16歳。

これからプロトレーナーによるレッスンが行われ
7月1日にデビュー。
定期公演やイベントに出演し
12月末頃にCDデビューする予定です。

ご当地アイドルといえば
愛媛の「ひめキュンフルーツ缶」
福岡の「LinQ」がいますが
もう、全国総AKB化の流れは止まりません。


出たーという感じのご当地アイドル。

今度は福岡で登場します。
名称は「LinQ」(リンク)。
Love in 九州の略からきています。

会いに行けるアイドルというコンセプトは
AKB48といっしょ。

2月のオーディションで応募総数1162名から
12歳〜24歳の44名が選ばれました。
デビューは4月17日で、パフォーマンスが披露できるのはこのうち20名。
今後は天神を拠点に公演を行っていく予定です。

以前、愛媛県のご当地アイドルについて触れましたが
こちらの「ひめキュンフルーツ缶」は現役で活躍中。

メンバーは8名。研修生を入れると15名の
10歳〜18名の女の子たち。
オリコンインディーズ週間ランキングで
デビューシングルが全国第1位に輝くなど
地元松山を中心に活動中です。


むかしでいえばミス〇〇。
最近はどこもAKB48と似た展開ですが、
地域に根ざした活動で
一線を画してほしいですね。


近いうちに全国区でもその名前を聞くようになるでしょう。



愛媛でご当地アイドルを育てて
町づくりをしようというプロジェクトがはじまった。

「ご当地アイドルでまちづくり」 (時事ドットコム)

「県民の妹分」のようなアイドルユニットを育てる
その名も「ひめキュンフルーツ缶」プロジェクト。

県内在住の10歳から20歳までの女性メンバーを募集し、
8月の選考を経て、2011年初めにCDデビューさせるというもの。
オーディションの応募期間は6月18日から7月31日まで。
愛媛県、松山市、地元民放各社が後援する。

仕掛け人は松山市出身で
テレビドラマや「鬼武者」などゲームソフトの
脚本を手掛けた酒井直行氏。


なるほどと思った。

キャンペーン娘というのはどこにでもいて、
いったいどこが違うんだという人もいるかもしれない。

キャンペーン娘の追っかけはあまり聞いたことがないが
AKB48の成功をみてもわかるように
「ひめキュン」には追っかけがつくかもしれない。

そして「ひめキュン」が注目されれば、
その地元にも注目が集まるようになる。

地域密着型アイドル。
プロジェクトとして意図的に始めるところが新しい。

考えてみれば、意図的ではないにせよ、
すでに同じようなアイドルは存在する。
青森県八戸の美人過ぎる市議しかり、
岩手県久慈海岸の美人過ぎる海女さんしかり……。

浅尾美和とか本橋麻里だって、
地域密着ではなく“スポーツ密着”なわけで
どんどんそのスポーツが広く知られていくようになった。

「応援したくなるような子を選びたい」という
酒井氏の提案は間違っていないと思う。

あとは、そのアイドルが地域密着でなければならない
“理由”をきちんと説明できるかどうかにかかっている。


スーパーリージョナルな時代に
ご当地アイドルはハマる。
その地域だけでも局地的に盛り上がっていれば
都会のメディアは必ず飛びつく。

この流れはこれから加速していく予感がする。

このページのトップヘ