DUAL LIFE PRESS デュアルライフプレス

無理せずにできるところから田舎暮らしをしたい。 二地域居住を実現するヒントや情報をお届けします。

カテゴリ: 農作業体験

連日お暑いですねー。

日曜日は畑で汗を流してきました。

ルーキーズクラスの農業体験でうかがったのは
国分寺の小坂農園。

東京郊外で2ヘクタールもの敷地で
多品種多品目の野菜を栽培しています。

市場は通さず、おもに近くのスーパーや
産直で販売しています。

もちろんヒルズマルシェでは
常連の出品者さんです。


この日の作業は種蒔きとじゃがいもの収穫。

畝を平らにし、一定の間隔で溝を刻んで
種を蒔いていきます。

110710R0055085


この種を一粒ずつ落とすのがけっこう難しい。

「指をひねるようにするとうまく落とせます」
小坂さんはそういうのですが
なるほど、しばらくするうちに慣れてきました。

110710R0055087


めちゃくちゃおいしい弁当と
アイスクリームで癒されたあと、
午後はインカの目覚めの収穫。

すでに葉っぱは枯れているのですが
土を掘り起こすとじゃがいもがごろごろ出てきます。
意外に成っている場所が
浅いんですよね。
鍬ではなく、手で畝を崩しながら
掘り起こしていきます。

「今年は豊作だよー」と
小坂さんの奥さまの声が。

みんな無口でひたすら作業。
暑いなんていうのは通り越してます。

あっという間にカゴ10箱以上の収穫ができました。

110710R0055092


午前中1時間半、午後1時間程度の作業だったのですが
直射日光の下での農作業はつらいなあ。

飲んだ水分がすぐに汗になって噴き出すようで
3リットルぐらいの汗をかいた気がします。
ナチュラルデトックスですね。

スポーツクラブなんかより
よっぽど健康的で体力を消耗します。

さすがにプロは早朝と夕方に農作業をするそうで
炎天下は避けるとのことですが
それにしても毎日こうした作業を
繰り返されていることに頭が下がります。


現実を思い知らされます。

農業だけではありませんが
本気度を問われますね。


すでに太股の裏側が筋肉痛。
やわだなあ……。


ついに学校の修学旅行が
農家民泊する時代なんですね。

鹿児島県出水市は九州新幹線の開通に合わせ、
関西方面からの修学旅行受け入れに
積極的に動いています。
(毎日.jp 6/22)

5〜6月は神戸と岡山市から4中学校約1000人を受け入れですって。
秋の修学旅行シーズンにもさらに2校が来る予定で
来年度もすでに6校1200人の予定が入っているとのこと。

出水市は農畜産業が盛んで
プログラムが多彩のようです。
野菜の収穫はもちろん、牛などの世話、
はちみつ搾りなどもあります。

5月には中・高校生を対象とした
みかん農家や養蜂農家に宿泊するプログラム
実施されています。

「九州新幹線の停車駅から最も近い農家民泊地」を
アピールしているようですが、
市の観光交流課により
受け入れ農家の安全講習会などを開催し、
登録農家が約110軒あることが
人数が増えているもっとも大きな要因でしょうね。

こうした取り組みは受け入れ側の意識が
成否の大きなカギになります。

それにしても、3.11以降、
こうした都市と田舎との交流が
どんどん増えていますね。
加速している感すらあります。



JTBが新潟県十日町や十日町観光協会と組んで
子ども向けの職業体験ツアーをはじめます。

夏休み個人参加型修学旅行で
企画名は「キッズワーキングホリデー」

プログラムの監修はあの「キッザニア」が担当。
現地の受け入れ先の職業体験指導を行います。

子どもは越後妻有地区の決められた里親のもとで、
2時間程度の農業を主とした職業体験と
午後に2時間以上の自由行動時間を設け
毎日朝6時起床、21時就寝規則正しい生活をします。

とはいえ、宿泊は別。
旧三省小学校をリノベーションした
越後松之山体験学習施設「三省ハウス」が
滞在の拠点となります。

夏休みの宿題や衣類の洗濯は
元教員スタッフによる指導でバックアップ。

7日間か21日間の長期滞在型で
小学4年生〜中学3年生までの限定募集。
出発日は7月31日(日)、8月7日(日)、14日(日)
旅行代金は以下のとおりです。
 [7日間プラン]  70,000円(現地・十日町駅発着)
            80,000円(東京駅発着バス送迎プラン)
 [21日間プラン] 210,000円(現地・十日町駅発着)
            220,000円(東京駅発着バス送迎プラン)

これ、かなり魅力的なツアーです。
越後妻有地区は2000年に越後妻有アートトリエンナーレが開始し
「大地の芸術祭の里」として
2003年から3年ごとに開催されています。
観光客も多く、現地の方々の受け入れ態勢が
出来上がっているんですね。

子ども向けの田舎暮らしとしては、
日本でいちばん先進的な試みでしょう。

かつて、私も、小学生時代にスキー合宿や
グアム島での海外合宿体験がありますが
親元から離れ、同世代の子どもたちと過ごした思い出は
強く心の中に残っています。

地域社会とのつながりも深くなるので
家族全体が都会と田舎とをつなぐきっかけとしても
有効な方法だと思います。

これはいいイベントになりますよ。


六本木アークヒルズで開催される
「農業ルーキーズクラス」の第3弾、
初日に行ってきました。

今回はアーク・カラヤン広場に
多品目の野菜の苗を植えます。

110604R0054916


さつまいも、きゅうり、なす、
スイートコーン、つるなしいんげん、
モロヘイヤなどなど。
段々畑に全部で約20種類の苗を
植えました。

110604R0054922


土はこの催しのために某所より運んできたものですが
湿り気があって、握るとだんごができます。
粘土のように固まっている土も
ほくずとはらりと崩れる。
砂利が入っていない、いい土。
こういう土に触ったのは久しぶりだなあ。

「団粒」というらしいのですが
有機物が含まれ、保水力、保肥力のある土というのは
こういった土の塊ができるといいます。

帰りに3つの苗をもらいました。
これは家のベランダで栽培します。

110604R0054928

つるなしさやいんげん。


110604R0054932

ピコという品種のプチトマト。


110604R0054934

ちょっとピンぼけですが
こどもピーマンのまだ発芽したての苗。


どこまで大きくなるかな?


川崎市が農作業を体験する
参加者を募集しています。

6月と9月の2回、
枝豆の畑づくりと収穫を行う
「ファーマーズクラブ」
川崎市在住であること、
農作業のできる20家族を対象に募集中です。

ただし、子どもだけは不可です。

参加費用はひと家族2000円。

申し込みは往復はがきに
「ファーマーズクラブ参加希望」と明記し、
〇疚
⊇蚕
E渡暖峭
せ臆辰垢覯搬価完の氏名、年齢(学年)
を記入し、平成23年6月3日(必着)までに
下記へ郵送とのこと。

川崎市農業振興センター農業振興課
〒213-0015
川崎市高津区梶ヶ谷2-1-7 JAセレサ梶ヶ谷ビル2階
電話 044-860-2462
FAX 044-860-2464


福岡県うきは市の「JAにじ」
柿の木のオーナー募集をしています。

うきは市といえば、
3年前に筑後川温泉に行ったことがあります。
臨済宗清水寺の湧水がおいしくて
水がきれいな地域という印象が強いですね。

オーナー制度は
都市と農村の交流を図ることを目的としていて
農作業体験にも参加できます。
ただし、こちらは強制ではありません。

品種は早生富有柿。
収穫時期は10月中旬から〜11月上旬で
1本当たりの最低保証着果数によって
一口の料金設定が変わります。

一本一口当たりの金額は以下の通り。
 1万円       80個
 1万2500円   100個
 1万5000円   125個
 1万7500円   145個
 2万円      170個

オーナーの柿の木には会員番号と
名前のついたカードが下げられるとのこと。

特典には菜の花、ひまわり、コスモスの花狩り、
名水「耳納連山にじの水」10リットルの引換券5枚が
プレゼントされます。

申し込みは先着順で予定本数に達した段階で
終了とのことです。

ちなみに、水田オーナーも同時に募集中。

こちらは「夢つくし」という品種で
一口当たり玄米60kgと引き換えできます。

年会費は3万円。
収穫時期は9月下旬で
12枚の引換券がもらえるので
毎月1回引き取りに行くか
何回かにまとめて、
着払いで送ってもらえます。

できれば体験したいですね。

ちょっと気になった婚活イベント。

滋賀県高島市にある「家族旅行村ビラデスト今津」
40歳くらいまでの未婚の男女を対象にした
婚活イベントを企画しています。

題して「出会い 森のecoトモ 〜森で深める絆〜」

朝9時にJR近江今津駅に集合し、
野良仕事、「田舎の野良めし」の昼食、
再び野良仕事、「森の湯」への入浴、
炭火バーベキューの夕食を食べて
夜の19時30分に解散するという
一日がかりのイベントです。

開催日は2011年6月5日(日)。
定員は30名(先着順)。
男性6000円、女性4000円の
参加費が必要です。

「ビラデスト今津」は、琵琶湖北西部の森のなかにあり、
オートキャンプ場やファミリーコテージ、
プチホテル、合宿棟のほか、
バーベキューサイトや
スポーツレクリエーション施設のある
総合アウトドア施設です。
「森林セラピー」や「お嬢様キャンプ」など
独自の切り口で集客しているんですね。


最初にこのニュースをちらっと見たときには
農家がお嫁さん探しのために開催する
婚活と勘違いしてしまいましたが、
一般の人たちが農作業を通じて
婚活をする時代になったのかと、
感心してしまいました。

農作業のあとに設備の整ったお風呂に入ったり
いっしょに食事する機会が2度もある点に
強く惹かれます。

まあ、自分が参加するのではなく
イベンターの視点としてということですが……。


農家の婚活イベントが残念だと思うのは
こういう女性に受け入れられやすい交流スペースを
利用していないからだと思うのです。

外部からやってくるお客様に対して
簡素なものでいいから
おもてなしができる「デザイン空間」があれば
人は集まると考えます。

当然、都市部からの客人を受け入れるという
発想がなければそういった施設が用意されることはなく、
また、おもてなしのための空間というのは
「田舎であること」の期待を裏切ってはいけないのですが
その点についてはまた別の機会に述べたいと思います。



東京・六本木という都心のまんなかで
農作業を体験する
「農業ルーキーズクラス」第3弾
決定しました。

いま参加者を募集中です。

会場はアークヒルズのサントリーホールの目の前、
アーク・カラヤン広場。
ここに特設される仮設農場で野菜の植え付けや
収穫までを体験します。

もちろん収穫した野菜を試食したり
持ち帰ることもできますよ。

この写真は昨年の秋の第2弾イベントのときの模様。

101023DSC_2775


今回の開催日程は3回。
第1回 6月4日(土)10:00〜12:00 【目指せ六本木農民! 畑をつくろう】
第2回 7月10日(土)10:00〜15:00 【農園に行こう! 小坂農園で農業体験】
第3回 7月30日(土)10:00〜1330 【農業レクチャー&収穫会】

定員は30名で会費は1万2600円(税込)です。

毎週土曜日の午前中からお昼にかけて、
アークヒルズでは「ヒルズマルシェ」という産直市場が開催されています。

全国の畑からおいしい有機野菜が勢ぞろいするイベントで
買い物がてらの農作業というのも楽しいですよ。

山梨県笛吹市の芦川町では、
生態系を保全するビオトープで
農薬や化学肥料を使わない自然農法が体験できる。
このグリーンツーリズムを実施しているのは
てんころりん村」。

週末には都会からの参加者を対象に
「農業体験」+「生態観察」+「田舎体験」を組み合わせた
イベントも行われている。

4月の種まきにはじまり、
7月には大豆の芯を摘む「大豆の頭打ち」、
「じゃがいも掘り」などが行われる。
農業体験のあとに生物観察などをして、
釜でご飯を炊いたり具だくさんの味噌汁を作るといった
農家の一日を体験するというものだ。

近くには茅葺古民家の「農啓庵」がオープン。
これは古民家を宿泊体験できるようにリフォームしたもので、
ひとり1泊3000円で利用できる。
薪で焚く五右衛門風呂は、なかなかほかでは体験できない。

田舎体験ツアーのような観光旅行ではなく、
土地の人とふれあいながらじっくりと田舎を体験してみる。

交流居住のモデルケースとして、
人や自然との出会いを求めている人に薦めたい、

東京周辺に住む若者たちが
田舎で農業体験をしたいという願いをかなえるため、
独自で受け入れ農家を探して
地道に活動を続けてきたNPO法人「田舎時間」。

2002年に活動を開始し
山形県上山市と石川県穴水町を舞台に
農業漁業体験をしてきました。

すでに100回を超えるまでになったんですね。


私も以前参加して、上山で食用菊の花摘み作業をしてきました。

お昼に地元のお母さんたちが
炊きたてのごはんを握ってくれた
おにぎりのうまかったこと!

これでもけっこう米にはうるさく
かなりうまいごはんを食べてきたつもりですが、
ベスト・おにぎり・オブ・マイライフの記録は
いまだに破られていません。


今年度も活動に参加する会員を募集しています。
「2010年いなカエル会員更新手続き」のお知らせ

田舎での農作業体験と、東京でのオフ会など
同じ目的をもった人たちが集まって
地域食材を食べるイベントもあります。

単なる農業体験ではなく、
地元の農家の方々との人間関係を大事にしてきた「田舎時間」は、
私がさまざまな農業体験を評価するための
ひとつの大きな基準となっています。

埼玉県宮代町で農作業を通じて独身男女が出会う
「農村婚活コンパ」が開かれました。

田植えで出会い 農村婚活コンパ(YOMIURI ONLINE)
田植えで婚カツin新しい村新しい村

宮代町は春日部市の北に位置し、
東武鉄道の東武動物公園駅のある町です。

農業を営む地元の青年と独身女性とのコンパ、ではなく
都市在住の独身男女が対象だったところと、
町とJTBが協力して企画したという点が心に引っかかりました。
JTBもこういった農業イベントに目を向けるようになったんですね。

結婚して宮代町に住むと、
お祝い金として10万円が町から贈られるというのは
なかなかハードルが高いので、
それを目的にする人はいないでしょう。
お祝い金は、農村に定住を促す特典として
いろいろな自治体で実施されるようになりました。


都心のベッドタウンという埼玉の地域性もあって、
住民でない独身男性にも門戸を広げることで
イベント自体が活性化されたり、
都市と農村との交流が深まるきっかけになっていくと思います。


新しい村」は、農業を通じて町の活性化をはかる取り組みをしています。
そば道場や「1000人のキャベツスタイル」もその一環。

村生まれのキャベツのある風景を写真に撮り、
ケータイやパソコンで写真をアップする。

やっぱりこういう「遊び」が、都市と農村の交流へとつながっていくんでしょうね。

千葉県香取市の広大な畑のなかに
忽然と姿を現すガラス張りの温室。

中には高床式の木造建築物が並んでいます。

これはNPO法人の「ミレニアムシティ」が運営する
エコロジービレッジ「くりもとミレニアムシティ」です。

4棟の温室の中の建物は寝泊まりできる住居で、
1坪ほどの小屋が全部で35戸収まっています。

残り1棟はキッチンや集会場がある共用部分。

これらはコーポラティブ住宅として建てられ、
移住や定住のためのお試し別荘的使い方ができます。

完全無農薬栽培の農園に隣接し、
ここを基点にして農業体験や文化行事などが催されます。

NPOミレニアムシティは、
「住む人の発想で市民が都市をまるごとつくって
そこに住んでいこう」という活動を行っています。

まもなくオープンする定住型の新エコビレッジ
「あさひミレニアムシティ」(千葉県旭市)や
「くりもとミレニアムシティ第?期」、
東京吉祥寺にある樹齢250年の森を守る
「吉祥寺トラスト」運動など、
活動の範囲は次第に広がりをみせています。

考え方に賛同する人たちが、自分が参加したいと思う場所で
都市をつくっていっしょに住んでいく。

人間性を回復し、自然との調和をはかりながら
こうしたネットワーク都市をつないでいこうとしています。

実際に農業を体験してみたくとも
どこでどうやってはじめたらいいかわからない、
という人も多いでしょう。

土づくりをはじめ、種の蒔き方、苗の植えつけの仕方など
農業のイロハを教えてくれる講座があります。

ファームマエストロ協会が主催する
Jr.ファームマエストロコース」。

このJr.ファームマエストロ講座は
一日で完結する講座を受講して、課題を提出すると
Jr.ファームマエストロの認定証が発行されるというもの。
「農業入門」「野菜の栽培について」の講座を受講してから
ランチパーティで野菜を食べ比べ。
午後に畑の耕し方や野菜の育て方のワークショップが行われます。

受講料は6万3000円。
オリジナルTシャツ&軍手がプレゼントされ
ランチの石窯焼きのピッツァパーティつき。
卒業生には1年間自由に使える
ファームマエストロファーム(越谷市)も
準備されています。

どこからはじめたらわからない、
仲間がほしいという人のサポートになってくれます。







20代などの若い世代ほど
農業体験をしてみたいという人が多いことが
昨年の東京都の都政モニター調査でわかっています。

ただ、実際に体験してみると、イメージしているものとは異なり、
需給関係がうまくマッチングしているとは限らないようです。

下にリンクした記事のなかで、週末農園を成功させるための条件として
 1 適切な指導者
 2 自宅からの距離
 3 農園の広さ
を挙げています。

週末農園はベランダや自宅の庭の菜園では満足できない人が
土地を借り、自分で野菜を育て、収穫するのが目的ですから
こうした条件が挙げられるのも共感できます。

でも、農業体験をしたい人という若い人の意識には
大きくふたつの目的があると私は考えています。

 1 安心安全な野菜を自給自足して食べたい
 2 農業を媒介とするコミュニティに参加したい

自給自足ならば、ベランダで野菜を作ることからはじめられます。
でも、それだけでは満足できません。

満たされていないのはコミュニティへの帰属意識。

このふたつを同時にかなえることができれば
菜園までの距離や広さといった壁を越えられると思うのです。

農業体験の現場でゲストにどのように接するか。
体験できない期間、ゲストとどのようにやりとりをして
コミュニティ意識を保っていくか。
そもそも農業を通じて、ゲストとどんな価値観を共有するのか。

この視点がないと、フルーツ狩りのような
一過性のレジャー体験で終わってしまうだけです。


「半農生活」農園選びが大切 指導者・距離・広さ、ポイント
(Sankei Biz)

六本木のアークヒルズには屋上菜園があり、
稲穂が実る田んぼや植物園があります。

これまでガーデニングに関する講座などを開講したり
有機栽培の産直野菜を販売するヒルズマルシェが行われてきました。

都心の緑を育てる参加型コミュニティの「ヒルズガーデニングクラブ」と
2009年9月からはじまったヒルズマルシェがコラボして
ファーミングスクール「農業ルーキーズクラス」が開催されます。

家庭菜園のコツを伝授してもらったり
実際に農業体験をする実習もある講座。

申し込みは先着順なのでお早めに。


農業ルーキーズクラス
<カリキュラム>
第1回 6月19日(土)
     目指せ家庭菜園マスター! 野菜の苗を育てよう
第2回 6月26日(土)
     有機野菜って何? 今日から使えるプロの野菜目利き術
第3回 7月31日(土)
     野菜の健康診断&野菜の徹底活用術&保存術
第4回 8月21日(土)
     ワンデイ農業体験 農場遠足!
●定員 40名
●会費 1万8000円



富士山の裾野にあって湧水が豊富で、
足柄山の金太郎の出身地の静岡県小山町(おやまちょう)。

名産のとうもろこしとさつまいものオーナーを募集しています。
種蒔きと収穫体験ができる農業体験です。

http://www.fuji-oyama.jp/kakuka/19nourin/nou-owner22.htm


“もろこしオーナー”
・料金 1区画2000円
・募集区画数 30区画(先着30組)
・品種 ゴールドラッシュ88
・種蒔き日 5月22日(土) 9:00
・申込期限 5月14日(金)

“さつまいもオーナー”
・料金 1区画2500円
・募集区画数 40区画
・品種 べにあずま
・種蒔き日 5月29日(土) 10:00
・申込期限 5月26日(金)

申し込み・問い合わせ
おやまグリーンツーリズム連絡会事務局
TEL0550-76-6121(役場農林課)

このページのトップヘ