ようやく暖かくなってきました。
地方では田植えも始まったようですね。
ブログも再始動せねばー。

ということで、うちでもベランダ菜園を復活。

野菜の苗を植えました。

プランターはひと冬ベランダに放置しておいたので、
まずは土の中に残った根を取り、
水を与えて耕し、肥料を加えて土づくりから。

握ったときにゆるいかたまりができるぐらいまで
ふかふかに調整。

苗は長野・御代田にある小林農園で仕入れてきたもの。
きゅうり3、なす2、プチトマト2、軽井沢とうがらし2を植えつけ。

きゅうりとプチトマト
120510DSC_1605


なすと軽井沢とうがらし
120510DSC_1607



家庭菜園の本を読むと
きゅうりは受粉の必要がないと書いてあるのですが
昨年は雌花、雄花は咲くのにどうにも実がならずに失敗。
今年は苗の数を増やしてみます。

ゴーヤは断念。
ベランダの庇が深くて夏の直射日光が当たらず
日照不足でうまく育てられないことが判明。

去年は涼しかったこともあるのですが、
その代わりにきゅうりとプチトマトを
緑のカーテンにはわせようと思います。

ところで、ベランダは雨が吹き込むので、
東京とはいえ、どのぐらい放射能の影響を
受けているのか気になるところ。

ガイガーカウンターを地表面にあててみると
だいたい0.08〜0.12μSv/h。

120510DSC_1603


屋内の数値とほぼ変わらず
気にする必要がないのを確認。

折に触れ確認しながら菜園を続けていきます。