ついに学校の修学旅行が
農家民泊する時代なんですね。

鹿児島県出水市は九州新幹線の開通に合わせ、
関西方面からの修学旅行受け入れに
積極的に動いています。
(毎日.jp 6/22)

5〜6月は神戸と岡山市から4中学校約1000人を受け入れですって。
秋の修学旅行シーズンにもさらに2校が来る予定で
来年度もすでに6校1200人の予定が入っているとのこと。

出水市は農畜産業が盛んで
プログラムが多彩のようです。
野菜の収穫はもちろん、牛などの世話、
はちみつ搾りなどもあります。

5月には中・高校生を対象とした
みかん農家や養蜂農家に宿泊するプログラム
実施されています。

「九州新幹線の停車駅から最も近い農家民泊地」を
アピールしているようですが、
市の観光交流課により
受け入れ農家の安全講習会などを開催し、
登録農家が約110軒あることが
人数が増えているもっとも大きな要因でしょうね。

こうした取り組みは受け入れ側の意識が
成否の大きなカギになります。

それにしても、3.11以降、
こうした都市と田舎との交流が
どんどん増えていますね。
加速している感すらあります。