兵庫県宝塚市の
阪急逆瀬川駅前の再開発ビルに
一般市民が借りられる
野菜工場式の農園が登場しました。

かつて住宅・都市整備公団が
市街地再開発事業の一環として手がけた物件で、
「アピア3」という名前で親しまれていたものをリノベーション。
名称も「カルチェヌーボ宝塚逆瀬川」に変更。
「宝塚メディア図書館」「旨いもん市場」「市民農園」が
併設するビルへとリニューアルしています。

この「マイ野菜市民農園」
6月6日にスタート。

水耕栽培で一区画1.2m四方の
野菜棚が約370 棚。
レタスだと35日〜45日で24個
収穫できるといいます。

東日本大震災への支援も含め、
以下のような料金体系で発足しています。
なかなかユニークなので、
以下、ホームページより抜粋します。


【ご契約期間について】
ご契約期間は1年間(12ヶ月)とし、マイ野菜市民農園の
利用開始月を1ヶ月目とします。
A 月額6,000円:市民農園 + 定期講習 + カフェチケット
   + 図書館有料会員(年間5,000円分を含む)
B 月額8,000円:iPad + WEBカメラ+市民農園 + 定期講習
   + カフェチケット + 図書館有料会員
C 月額4,000円:Aプランで収穫する野菜を災害復興支援で
  被災地の福祉施設に贈る
D 月額5,000円:Aプランで収穫する野菜の半分を災害復興支援で
  被災地の福祉施設に贈る
E 月額6,000円:Bプランで収穫する野菜を災害復興支援で
  被災地の福祉施設に贈る
F 月額7,000円:Bプランで収穫する野菜の半分を
  災害復興支援で被災地の福祉施設に贈る
G A〜Fいずれかのプランをグループで借りられます。
  ご希望の方はA〜Fプランのうち1つを選択の上、Gプランをお選び下さい。.


今後、このような駅ビル+野菜工場が増えていくのでしょうね。

ちなみに、この植物工場を手掛けるのは
神戸の会社で「植物工房えれふぁーむ」です。