ソフトバンクグループの孫正義代表が、
全国の耕作放棄地や休耕田を使って
大規模なソーラーパネル発電を推進する
「電田プロジェクト」を立ち上げました。

大震災以来、ツイッターで際立った発言を
繰り返してきた孫社長ですが
その行動力には敬服するばかりです。

個人的にはメガソーラー発電には
ネガティブな思いを抱いています。
というのも、かなりの規模の土地を必要としますから
休耕田とはいえそれだけに農地を利用するのはもったいない。
これまで原発やハコモノに頼ってきた
税金を振り向けるインフラ整備資金が
メガソーラーにとって代わるだけではないのかという
思いを拭い去れない部分もあります。

とはいっても、孫社長がしたたかなビジネスマンだと思うのは
全国19の道県と組んでこのビジョンを立ち上げたという点にあります。

既存の電力会社に対抗しうる発言力をもつには
ある程度大きな発電規模や
自治体と連携した働きかけが必要と見込んでのことでしょう。

まとまった発電規模になって初めて
発送電分離やスマートグリッドを
議論の俎上に載せていく力となります。

「電田プロジェクト」に合わせて
全国の屋根に太陽光パネルを設置して
2000万kwをまかなう
「屋根プロジェクト」を同時に視野に入れているのも
流れとしては当然のこと。

自然エネルギーで本当に有力だと思われる
地熱発電など、何を先にするということではなく
それぞれが同時に進んでいけばいいのではないでしょうか。


このプロジェクトが発表された
「自然エネルギーの普及活動に関する緊急記者会見」について
孫社長のほかに登壇した首長を列記しておきます。

秋田県   中野 節 副知事
埼玉県   上田清司 知事
神奈川県  黒岩祐治 知事
長野県   阿部守一 知事
静岡県   川勝平太 知事
三重県   江畑賢治 副知事

このほか以下の都道府県の代表者が列席しました。
北海道、山梨県、岡山県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県