この週末、友人の葬儀のために
山形に帰省しました。

深夜、東北自動車道を走ったのですが
那須以北の道路は波打っていて
時速80キロの速度規制をしていました。

急激に段差のできているところは
アスファルトでなだらかにしてあるのですが
これをさらに平らに復旧するのは
むずかしいかもしれません。

新潟沖地震の直後に関越自動車道を走ったときにも
かなりの段差がありましたが、
波の起伏の大きさはそれをはるかに超えています。
車高の低いクルマは車体をすってしまうので
通れないだろうな。


深夜というのに、トラックやバン、ワゴン車の
数は相当なもので、復興のために
物資や人が動いているのがわかります。
福島より北のSAは、仮眠を取るために
駐車場はほぼ満車状態でした。

トラックを追い抜くたびに
ありがとう、と心の中でつぶやいてしまいました。


山形は、ときおり襲ってくる
余震さえなければいたって平穏で
いつもの日常を取り戻しています。

家のこぶしが満開を迎えていました。

DSC_6226


青空が広がり、桜も満開です。


心だけが、哀しみのなかに
置き去りにされているようですが
どんな人にも平等に
太陽は降り注いでいます。