東日本大震災での被災者支援のために
昨日2011年3月30日、
全国の災害支援関係のNPO、NGOなど
民間団体のネットワークが発足しました。

「東日本大震災支援全国ネットワーク」

民間団体が個々に活動していますが
すでに物資が行き届いている地域もあれば
支援がまったく届かず、見落とされている地域もある。

民間団体で連携し、情報を共有することで
効率的、効果的に支援を広げていこうという
趣旨で発足したものです。

ホームページを見るとわかるのですが、
私たちができる行動について
その手順や手続き方法が
きちんと整理されて掲載してあります。

・ボランティアをする
・支援物資を送る
・寄付をする


なにかいま、この国で、
とてつもないことが
始まっているような気がします。

災害情報や地震情報、消息を伝言するためにTwitterが役に立ち
安否確認や連絡網としてFacebookを活用するなど
利用者はメディアの特性に気づき、
知らず知らずにそれを最大限に利用しています。

日本の民主主義を語るとき、
ここ数日の出来事はきっとエポックメイキングとして
位置づけられるような気がしてなりません。

これまで声をあげることのなかった
サイレントマジョリティが
産声をあげたかのような……。


これまでの秩序は解体され、
再定義され、再構築されていく。

そしてこの動きは
別のムーブメントとなって
生活を、環境を変えていく
大きな力になるはずです。


Twitter:東日本大震災支援全国ネット情報チーム