東京電力は莫大な賠償金を支払えず、
国が立て替えるしかない。
だから東電が持っている送電線を担保にとり、
インフラとして道路のように自由利用の原則に戻せば
発電、送電、配電が分割されて
自然エネルギーの未来が一気に開ける。

【田中優×小林武史緊急対談】に光明をみました。


日本では限られた電力会社が大規模な発電所をつくり、
送電して、家庭や事業所に配電する仕組みになっています。

そのため小規模な自然エネルギー発電を行っても
電力会社に購入してもらえなければ、
地域で融通しあうことができません。

送電線を電力会社が押さえているために
火力や原子力、自然エネルギーなど
配分をどのようにするかは
電力会社に決められてしまう。

どんなに低コストで優れた自然エネルギー発電でも
送電することができなければ
閉じられた場所でしか使うことができない。


もし、家庭のソーラーパネルや
その地域の自然エネルギー発電で得た電力を
融通しあうことができるようになれば
原発などの発電所を減らしていくことができます。
電力会社の規模はもっと小さくなり、
発電のコストは下がって料金も安くなる。


この大震災によって多くの人が
深い悲しみのなかに叩き込まれてしまいました。
でも、この機会だからこそ、
これまでひと握りの既得権者によって
独占されてきたこの国のぶ厚い構造に
風穴を開けることができるかもしれない……。


この対談は、
日本が抱えるエネルギー問題の核心が整理され、
とてもよくわかる内容になっています。

電力会社が計画停電を打ち出し、
その報道のために
原発事故や核廃棄物問題を解説する時間は削られています。

ここにきて電力料金の値上げをアピールするようになりました。
また、原子力発電ができなくなったことによる
発電能力の不足を伝える報道も増えてきています。


もし電力が不足するならば、その範囲のなかでやりとりすればいい。
本当に注目すべき核心は、別のところにあります。



田中優の"維持する志"
http://tanakayu.blogspot.com/

エコレゾウェブ
http://www.eco-reso.jp/index.php