明け方、唐突な問いかけが頭に浮かんで目が覚めました。

「自衛隊が災害復興隊という名称に変わったらどうなるんだろう」

起きぬけでぼんやりとやり過ごしていたのですが
どうもその考えが頭から離れない。

ちょっと備忘録的に……。


現在の自衛隊の活動は災害復興隊そのもの。
被害を受けている地域の最前線に入り
不休の救出活動を行っています。

人命救助のモチベーションも高く、本当に頭が下がります。


しかし、自衛隊は軍隊なので
(軍隊でないという方もいるかもしれませんが)
「人を殺す」という前提を拭い去ることができません。

災害復興隊は人を助けるのが使命。
名称を変えることで、その目的がより明確になり、
価値観が転換するのでは、と思ったのです。


軍隊に入るということは、
国民を守るという大義のために
相手の命を奪うこと――
こうした観念から逃れることはできません。

災害復興隊は人を殺すことが目的ではありません。
むしろ人の命を救う「海猿」
(←これは海上保安庁だけど…)
のようなイメージでとらえられる。

某都知事選立候補者は
「高校卒業後は徴兵制にすべきだ」
といって失笑をかったようですが
「高校卒業後は災害復興体験すべきだ」なら、
反対する人はぐっと減ったかもしれません。

なによりも、人命救助という崇高な目的が明確になり、
入隊希望者は増え、
隊員の士気はより一層高まるでしょう。


当然、日本国外で起きた災害にも派遣されます。
というか、常時、どこかで複数の部隊が活躍するのが前提。

この活動は、いずれ日本が窮地に陥った時に
必ず手を差し伸べてくれる善意の行動へとつながる。

今回起きた大震災のようなときは、
家屋を失った方々も
希望者は災害復興隊に組み入れられ
復興活動と同時に国から給与が支払われる。

災害復興隊は救出からライフラインの確保、
仮設住宅の設置、道路の建設、都市の造成まで
系統だった指揮下の元に一元化され
兵站や復興の初期段階までのノウハウが蓄積される。


所有できる火器の範囲はどのように考えるべきか――。

治安維持という名目のために、
火器の使用は放棄しません。

では空母は……災害復興のためなら有効でしょう。
無人探査機……これも搭載可能。
地対空ミサイル……?

どこまでで線引となるか……。

これは政治で決めていくのでしょう。
使える火器が際限なく増えていくと
現在の自衛隊となんら変わらなくなるばかりか
むしろ軍拡化しているとみなされるかもしれません。

災害復興隊を公に宣言し
機能し始めたとき、
日本は人命救助大国となります。

人命救助に特化した部隊をもつ国を
攻める国があるでしょうか……。


海上の国境を守る軍備はどうなる……?
国境警備隊は海上保安庁管轄だが、軍隊なしで国境線は保全できる……?
名称を変えることは自衛権を放棄することになる……?


9.11のあと、自衛隊をPKOとして
海外派兵する動きがありましたが、、
自衛隊という名称であるかぎり、
軍事力を行使する範囲の
拡大ととられる可能性があります。


自衛隊という名称では、
都市復興まで含めた
このニュアンスは伝わらないのです。