ついに、というべきでしょう。
新しいタイプのシェアハウスが登場しました。
その名も「ソーシャルアパートメント」。

シェアハウスというと古い一戸建てを
何人かで共有するというイメージで
個室が引き戸だったり、
壁が薄くてプライバシーが守れなかったりということがありました。

グローバルエージェンツが手がける「ソーシャルアパートメント」は
共有するキッチンやリビングスペースを
きれいなシンプルモダンにし、
プライバシーをしっかりと確保するという
これからの時代のシェアハウスを提案しています。

表参道、上野毛のほか、
浅草、新川崎、恵比寿でも物件が登場。
デュアルライフを実現するための
大きなきっかけになると期待しています。