新潟県十日町市と津南町の越後妻有地域では
里山全体を美術館に見立てた「大地の芸術祭」という
世界最大の国際芸術祭を開催しています。
3年に1度のイベントで、2000年のスタート以来、
次回2012年の第5回に向けた準備が進められています。

たとえば棚田にアートの造形物がある景色は
それ自体異様な感じがしますが
でも、自然のなかに現代美術が溶け込むことで
その土地のもつ自然のパワーや
楽しさ、よろこびみたいなものが増幅されます。

地元の人のその土地を愛する想いが
そこを訪れる人々とうまく共有できている
イベントになっていると思います。

現在も里山のなかで常設展示されているものが
ありますが、そのなかのひとつ、
100年以上も続いた小学校の廃校に温泉を引いて
宿泊施設に改装した「かたくりの宿」が、
5月15日から宿泊をはじめました。

校長室を女湯に、
音楽室や図書室は部屋になったという
この秋山郷結東温泉「かたくりの宿」。

秘境ですが、地元の食材で作る手料理と合わせて
ぜひ体験してみたい場所のひとつです。