DUAL LIFE PRESS デュアルライフプレス

無理せずにできるところから田舎暮らしをしたい。 二地域居住を実現するヒントや情報をお届けします。

ソフトバンクグループの孫正義代表が、
全国の耕作放棄地や休耕田を使って
大規模なソーラーパネル発電を推進する
「電田プロジェクト」を立ち上げました。

大震災以来、ツイッターで際立った発言を
繰り返してきた孫社長ですが
その行動力には敬服するばかりです。

個人的にはメガソーラー発電には
ネガティブな思いを抱いています。
というのも、かなりの規模の土地を必要としますから
休耕田とはいえそれだけに農地を利用するのはもったいない。
これまで原発やハコモノに頼ってきた
税金を振り向けるインフラ整備資金が
メガソーラーにとって代わるだけではないのかという
思いを拭い去れない部分もあります。

とはいっても、孫社長がしたたかなビジネスマンだと思うのは
全国19の道県と組んでこのビジョンを立ち上げたという点にあります。

既存の電力会社に対抗しうる発言力をもつには
ある程度大きな発電規模や
自治体と連携した働きかけが必要と見込んでのことでしょう。

まとまった発電規模になって初めて
発送電分離やスマートグリッドを
議論の俎上に載せていく力となります。

「電田プロジェクト」に合わせて
全国の屋根に太陽光パネルを設置して
2000万kwをまかなう
「屋根プロジェクト」を同時に視野に入れているのも
流れとしては当然のこと。

自然エネルギーで本当に有力だと思われる
地熱発電など、何を先にするということではなく
それぞれが同時に進んでいけばいいのではないでしょうか。


このプロジェクトが発表された
「自然エネルギーの普及活動に関する緊急記者会見」について
孫社長のほかに登壇した首長を列記しておきます。

秋田県   中野 節 副知事
埼玉県   上田清司 知事
神奈川県  黒岩祐治 知事
長野県   阿部守一 知事
静岡県   川勝平太 知事
三重県   江畑賢治 副知事

このほか以下の都道府県の代表者が列席しました。
北海道、山梨県、岡山県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県



北陸自動車道・徳光PA上り線(米原方面)に
高速道路としては初となる菜園が登場しました。

この「徳光菜園」には、
地元の地域振興グループ
「みたらし多福かぼちゃ友の会」が
推進する特産野菜の
坊ちゃんかぼちゃやジャンボかぼちゃ、、
ベレー帽かぼちゃが栽培されます。
(これで「みたらし3兄弟」なんだそうです)

このほか金沢市農産物ブランド協会が認定する
加賀野菜も加わります。
(さつまいも、打木赤皮甘栗かぼちゃ、金時草、太きゅうり)

実際にこの菜園の運営や管理をするのは
NEXCO中日本

このパーキングエリアは、
一般道からのアクセスも可能で
食事や買い物が楽しめる
出入り口の「ぷらっとパーク」が
整備されています。

耕作面積は15m×20mほどですが
市民農園的な使い方が広がると
高速道路の活用方法も
変わっていくのかもしれません。



気になるニュースをひとつ。

刈り取った羊毛って
どうやって処理すると使えるようになるのか――

羊の原毛の処理について
教わる機会はなかなかありませんが
岐阜市畜産センター
加工法の講座が
7月下旬に開かれる予定です。

7月に市の「広報ぎふ」で募集されるというので
近くにお住まいで興味のある方は
注意してみたら。

岐阜市畜産センターでは
約20頭の羊を飼っており
毎年春に刈り取った羊の原毛を
市内在住の方を対象に
無償で配布しています。

ただ、こちらは人気があるようで
往復ハガキで申し込んでも
当たらないケースが多いとか。

原毛は洗浄や乾燥、
櫛ですいて繊維を整えるなど
利用するまでにいくつかの工程が必要ですが
糸を紡がなくとも
フェルトにすることができます。

畜産農場で、原毛を使って
帽子をつくるなんてセミナーがあったら
けっこうコアな人気があると思いますがどうでしょうか。

染色までいくとなかなかハードルが高いですかねぇ。


川崎市が農作業を体験する
参加者を募集しています。

6月と9月の2回、
枝豆の畑づくりと収穫を行う
「ファーマーズクラブ」
川崎市在住であること、
農作業のできる20家族を対象に募集中です。

ただし、子どもだけは不可です。

参加費用はひと家族2000円。

申し込みは往復はがきに
「ファーマーズクラブ参加希望」と明記し、
〇疚
⊇蚕
E渡暖峭
せ臆辰垢覯搬価完の氏名、年齢(学年)
を記入し、平成23年6月3日(必着)までに
下記へ郵送とのこと。

川崎市農業振興センター農業振興課
〒213-0015
川崎市高津区梶ヶ谷2-1-7 JAセレサ梶ヶ谷ビル2階
電話 044-860-2462
FAX 044-860-2464


昨日の「きみともキャンディ」で
気になって、全国のご当地アイドルを
調べてみました。

すでにけっこうありますね。

岡山県津山市も2011年4月1日〜
2012年3月末までという期限付きで
津山ご当地アイドルを発足させています。
12歳〜17歳の7人のユニット。
6月にデビュー予定で
現在グループ名を公募中です。

高知の「はちきんガールズ」
チアリーディンググループを母体として結成されました。
現在メンバーは5人。
年齢は11歳〜15歳とチョー若い。
こちらは地方の芸能スクール生です。

このようにプロダクションやモデル事務所主導で
グループを立ち上げるケースもあり、
最初の立ち上げを自治体とのタイアップで公募するかどうか、
このあたりが2010年代のご当地アイドルを定義する
ポイントになりそうです。

というのも、これまでローカルアイドルは
1993年に結成された大阪パフォーマンスドールのように
吉本興業が仕掛けたものもあるんですね。

ウィキペディアでは、ローカルアイドルの型を
5つに分類しています。
 ・商店街発
 ・販売促進キャンペーン発
 ・ローカル番組発
 ・地方の芸能事務所発
 ・関東ローカル発

AKB48は秋葉原という特定の地域に密着した
関東発のローカルアイドルと位置づけられています。

そして、この成功が地域活性化にも大きなヒントを与えました。

このほか、
2010年デビューの栃木の「とちおとめ25」(11人/平均年齢16歳)、
滋賀県の「美わっ娘。」(3人/高校生〜大学生/吉本興業系)、
福岡で専用劇場で公演を行うアイドルグループの「HR」(11人/13歳〜21歳)などがあります。

地域に根ざし、そこで人気を得なければ
町おこしを標榜する
2010年代ご当地アイドルとして定着しないのでは……
と思っています。


このページのトップヘ