DUAL LIFE PRESS デュアルライフプレス

無理せずにできるところから田舎暮らしをしたい。 二地域居住を実現するヒントや情報をお届けします。

兵庫県宝塚市の
阪急逆瀬川駅前の再開発ビルに
一般市民が借りられる
野菜工場式の農園が登場しました。

かつて住宅・都市整備公団が
市街地再開発事業の一環として手がけた物件で、
「アピア3」という名前で親しまれていたものをリノベーション。
名称も「カルチェヌーボ宝塚逆瀬川」に変更。
「宝塚メディア図書館」「旨いもん市場」「市民農園」が
併設するビルへとリニューアルしています。

この「マイ野菜市民農園」
6月6日にスタート。

水耕栽培で一区画1.2m四方の
野菜棚が約370 棚。
レタスだと35日〜45日で24個
収穫できるといいます。

東日本大震災への支援も含め、
以下のような料金体系で発足しています。
なかなかユニークなので、
以下、ホームページより抜粋します。


【ご契約期間について】
ご契約期間は1年間(12ヶ月)とし、マイ野菜市民農園の
利用開始月を1ヶ月目とします。
A 月額6,000円:市民農園 + 定期講習 + カフェチケット
   + 図書館有料会員(年間5,000円分を含む)
B 月額8,000円:iPad + WEBカメラ+市民農園 + 定期講習
   + カフェチケット + 図書館有料会員
C 月額4,000円:Aプランで収穫する野菜を災害復興支援で
  被災地の福祉施設に贈る
D 月額5,000円:Aプランで収穫する野菜の半分を災害復興支援で
  被災地の福祉施設に贈る
E 月額6,000円:Bプランで収穫する野菜を災害復興支援で
  被災地の福祉施設に贈る
F 月額7,000円:Bプランで収穫する野菜の半分を
  災害復興支援で被災地の福祉施設に贈る
G A〜Fいずれかのプランをグループで借りられます。
  ご希望の方はA〜Fプランのうち1つを選択の上、Gプランをお選び下さい。.


今後、このような駅ビル+野菜工場が増えていくのでしょうね。

ちなみに、この植物工場を手掛けるのは
神戸の会社で「植物工房えれふぁーむ」です。

ゴーヤの本葉が6枚ぐらいついて
ようやく安定してきたので
芽を摘むことにしました。

110607R0054943


左のつると右の葉のちょうど間にあるのが
次の芯になる部分です。

ゴーヤはこのままつるを伸ばしても
実がなりません。
芯を摘むと脇芽が出て
子づるが伸びていきます。
実は子づるにつくので
葉が5枚ぐらいになったら摘みどきです。

110607R0054949


ちょっとかわいそうですが、
子づるもこれからびっくりするぐらい
伸びていきますよ。

うちのベランダは庇が深くて
夏になると直射日光があまり入ってこなくなります。
日照不足がかえって残念なんですけどね……

これから子づるは横にはわせていくつもりです。

山梨県北杜市の耕作放棄地を
東京の事業者がレンタルし、
16ヘクタールの広大な敷地で
農園経営をはじめました。
(asahi.com 6/5)


農園「ハーベジファーム」を運営するのは
都内などでレストランを手掛ける「フードワークス」
医薬品開発支援大手「シミック」

この土地所有者は86人にもなるが
耕作放棄地対策として
山梨県が企業を募集していたものです。
農地の整備費用を県が一部負担し
賃貸借契約の仲介も行うことで
このような動きが活性化している側面があります。

このような支援とマッチングサービスは
なかなか民間では動きにくい部分がありますが
自治体が仲介する信用力は大きいですね。


六本木アークヒルズで開催される
「農業ルーキーズクラス」の第3弾、
初日に行ってきました。

今回はアーク・カラヤン広場に
多品目の野菜の苗を植えます。

110604R0054916


さつまいも、きゅうり、なす、
スイートコーン、つるなしいんげん、
モロヘイヤなどなど。
段々畑に全部で約20種類の苗を
植えました。

110604R0054922


土はこの催しのために某所より運んできたものですが
湿り気があって、握るとだんごができます。
粘土のように固まっている土も
ほくずとはらりと崩れる。
砂利が入っていない、いい土。
こういう土に触ったのは久しぶりだなあ。

「団粒」というらしいのですが
有機物が含まれ、保水力、保肥力のある土というのは
こういった土の塊ができるといいます。

帰りに3つの苗をもらいました。
これは家のベランダで栽培します。

110604R0054928

つるなしさやいんげん。


110604R0054932

ピコという品種のプチトマト。


110604R0054934

ちょっとピンぼけですが
こどもピーマンのまだ発芽したての苗。


どこまで大きくなるかな?


政府が今日、5月31日に閣議決定した
「2010年農業白書(食料・農業・農村の動向)」は
東日本大震災の復興とその方向性についても
触れられています。

これからの農業と地域活性化を語るうえで
ひとつのキーワードとなるのが
「農業の6次産業化」です。

6次産業化というのは新しい言葉で、
農林水産物の生産(1次)、加工(2次)、販売・流通(3次)を
一体的に進める産業のことをいいます。

すでに今年の3月1日に「六次産業化法」が
全面施行されました。
この法律は、正式名称は
「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律」です。

日本では、農林水産物の生産だけでは
なかなか儲かる仕組みにはなっていません。

そこで生産者が主体となり
産地ぐるみの取り組みや経営を多角化する。
そして、食品やバイオマス・エネルギーなど
付加価値のついた加工品を生産して
自ら販売していく。
そうすることで、「儲かる農業」へと転換して
地域の雇用確保を目指そうというものです。

本日付で、「六次産業化法」に基づく
初の計画認定が行われ
231件が認定されました。

計画が認定されると
無利子融資の償還期限延長や
試作品開発に対する援助が受けられます。

生産者が流通まで手がけるという流れは
これからの農業の大きなひとつの方向性です。

農業のグローバル化への
対抗策のひとつですが
小規模農業から大規模農業への
転換点ともいえます。

地域の農家が連帯して商品化を実現し、
大資本が入ってくる前に
活路を見出していくことを期待したいものです。



このページのトップヘ