DUAL LIFE PRESS デュアルライフプレス

無理せずにできるところから田舎暮らしをしたい。 二地域居住を実現するヒントや情報をお届けします。

今年3月に九州新幹線が開通し、
アクセスがぐんと便利になった筑後地域。

ここでの二地域居住や定住に興味のある人向けに
超格安で体験滞在できるプログラムが発表されています。

申し込みの締め切りは6月20日(月)と限られていますが
このチャンスをぜひ利用してみてはどうでしょうか。

ああ、もし福岡に住んでいたら
ぜったいに参加したな、これ。

以下、募集要項です。


【平成23年度 ちくご暮らし体験募集】
1.対 象     筑後地域への移住、
          二拠点居住にご興味のある方
2.体験地域   久留米市、柳川市、八女市、筑後市、
          みやま市、大刀洗町(予定)
3.体験期間  第1期 平成23年7月23日(土)〜8月7日(日)
          第2期 平成23年8月13日(土)〜8月28日(日)
          第3期 平成23年9月3日(土)〜9月25日(日)
          第4期 平成23年10月1日(土)〜10月23日(日)
          ※期間中は、最低5日間以上の滞在をお願いします。
4.募集組数  24組程度
5.体験にあたっての条件 
  (1)賃料500円(1物件1期あたり)
     水道光熱費実費相当額を負担いただける方
  (2)体験期間中及び体験後のアンケートや
     行動調査に協力いただける方  など
6.応募方法
  (1)募集期間:平成23年6月1日(水)〜6月20日(月)
  (2)応募先:「ちくご暮らし」特設ページ
             URL http://www.realfukuokaestate.jp/
             (委託企業:福岡R不動産)
  (3)応募方法:「ちくご暮らし」申し込みフォームに
           必要事項(アンケート含む)を記入し、
           上記URLより送信
          ※定員を超えた場合は、アンケート内容を踏まえ
           選考させていただきます。
          採用された方には個別に電子メールにて
          御連絡します(7月中旬頃まで)
7.お問い合わせ 福岡R不動産(株式会社DMX)(運営委託企業)
   URL http://www.realfukuokaestate.jp/
   E-mail  info@dmx-j.com


復興構想会議に期待していたところもあるのですが
報道で出てくる話題といえば財源の話ばかりで
グラウンドデザインはまったく見えてきていません。

もしくは、報道がミスリードしているのでしょうか。


そのなかで、一部、
メンバーの安藤忠雄さんの提案は
腑に落ちるところがあります。

それは「鎮魂の森」構想です。
(毎日新聞 6/11)

「がれきに土をかぶせて町は作れない。
行方不明の子がいるかも分からぬところに
町はできない。そこは森にしたらいい」

震災から3カ月経つというのに
1万5000人を超える死者に加え、
約8000人の行方不明者を数えます。

この状況では、悲しみを抱いた家族は
一縷の希望を抱いたままで、
被災した土地を開発することに
賛同することはできないでしょう。

哀しみはいまだ過去のものではなく
現在進行形なのです。


効率ではなく、そこに暮らす人の想いをくんでいけるかどうか。

行政の意図にかかわらず
その土地で生きていく決意をした人々の
想いをくむ施策を
なによりも優先していくべきではないでしょうか。


一方で、遺された人々の生活をどうするのか。

モニュメントをつくるだけでは産業は生まれません。

将来に夢を抱けるような雇用を作りだすこと。

復興構想会議には
具体的な提案がまったく欠落しています。

もはや資金を投入すべきインフラの
グラウンドビジョンが見いだせない会議は無意味です。

3カ月を経過したいま、
復興構想会議の提案にかかわらず
個々の自治体が独自の方向性を打ち出す
タイミングを迎えていると思います。


「しっぽ」のついた子ども向けの
ダンボールチェア
東日本大震災の被災地に届ける
プロジェクトが進められています。
(八王子経済新聞 6/10)

このチェアをデザインしたのは
東京造形大学デザイン学科4年生の
中村菜々子さん。

インダストリアルデザインを専攻し、
同大学春日明夫教授のゼミが行った
「キッズサイズデザイン展」で
発表した作品が取りあげられました。

作品制作のために
ダンボールを提供協力していた
タカムラ産業が提案。
オリジナルをもとに8種類のデザインを製品化し、
100セット分を本社のある栃木県那須塩原市の
商工会を通じて被災地に送る計画を立てています。

これ、紐のある方向からみると
象のおしりを見ているようで
デザインとしてもかなりかわいい。

いくつかデザインの見本を見た後で
色のついていないチェアを子どもに渡したら
自由にペイントするかもしれませんね。

持ち運びも軽そうだし、
使い方の想像力を広げてくれる椅子です。

これ、テレビなどのダンボールパッケージに
応用できないんだろうか?

外箱にカッティングパターンが描いてあれば
捨てずに利用できるんだけどな。
箱そのものにも付加価値がつくという……。

そういう発想力と実行力のある
家電メーカーや引っ越し業者さん、
ないですかね?


6月1日より、東京都町田市で
遊休農地のマッチングサービスがはじまっています。
(町田経済新聞 6/7)

記事によれば、町田市の市街化調整区域には
330ヘクタールの農地がありますが、
そのうち約10ヘクタールが遊休農地となっています。

里山の風景を保全するために
市が遊休農地の情報を「農地バンク」として登録。
一方で農地を探す人の情報を「担い手バンク」に登録し、
そのマッチングを進めるというものです。

農業経営に興味があれば、個人、法人を問いませんが、
家庭菜園や自家消費用としては利用できません。

あくまで販売を目的として農産物を生産する人に限られます。

この制度を利用すれば、農地法による貸し借りとは異なり、
他人に貸しても確実に土地が戻ってくること、
また、納税猶予農地でも貸し付けることができる、
ことがメリットになります。

この事業は農業経営基盤強化促進法の見直しに基づくもので、
多摩地区では初の試みとなります。

これからの農業は
土地をレンタルするというのも
大きな流れのひとつです。

遊休農地が借りやすくなれば
個人だけではなく、複数の農家が連帯して
農業法人を経営していくという方法も
増えていくでしょう。


JTBが新潟県十日町や十日町観光協会と組んで
子ども向けの職業体験ツアーをはじめます。

夏休み個人参加型修学旅行で
企画名は「キッズワーキングホリデー」

プログラムの監修はあの「キッザニア」が担当。
現地の受け入れ先の職業体験指導を行います。

子どもは越後妻有地区の決められた里親のもとで、
2時間程度の農業を主とした職業体験と
午後に2時間以上の自由行動時間を設け
毎日朝6時起床、21時就寝規則正しい生活をします。

とはいえ、宿泊は別。
旧三省小学校をリノベーションした
越後松之山体験学習施設「三省ハウス」が
滞在の拠点となります。

夏休みの宿題や衣類の洗濯は
元教員スタッフによる指導でバックアップ。

7日間か21日間の長期滞在型で
小学4年生〜中学3年生までの限定募集。
出発日は7月31日(日)、8月7日(日)、14日(日)
旅行代金は以下のとおりです。
 [7日間プラン]  70,000円(現地・十日町駅発着)
            80,000円(東京駅発着バス送迎プラン)
 [21日間プラン] 210,000円(現地・十日町駅発着)
            220,000円(東京駅発着バス送迎プラン)

これ、かなり魅力的なツアーです。
越後妻有地区は2000年に越後妻有アートトリエンナーレが開始し
「大地の芸術祭の里」として
2003年から3年ごとに開催されています。
観光客も多く、現地の方々の受け入れ態勢が
出来上がっているんですね。

子ども向けの田舎暮らしとしては、
日本でいちばん先進的な試みでしょう。

かつて、私も、小学生時代にスキー合宿や
グアム島での海外合宿体験がありますが
親元から離れ、同世代の子どもたちと過ごした思い出は
強く心の中に残っています。

地域社会とのつながりも深くなるので
家族全体が都会と田舎とをつなぐきっかけとしても
有効な方法だと思います。

これはいいイベントになりますよ。


このページのトップヘ